スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖の調理実習

Category : 短大

週に何度も調理実習があるような生活が
ずっと続いていた。


私には気が合わない人達との実習。


今思い出すと、緘黙だけでなく、
少し緘動のような感じにもなってたかな。
調理実習は誰が何をやるって特に決まってない。


実習が始まると、
それぞれがやりたい事、やれそうな事から
手を動かし始めるのだ。


当然、私は要領が悪いので、
何から手を出して良いのか、分からない。


どう考えても、やる事が見つからない時も多くあった。


私はグループのメンバーを意識しすぎてたのか、
体が上手く動かなかった。


簡単な会話はするし、
何か聞かれて相槌するくらいはあった。


結構努力して、表面だけ、
調理実習の時間だけでも仲良くなりたい
とは思ってたけど、思うように溶け込めなかった。


        *


一番楽なのは、材料を切る事。


切るだけ切って、まとめておけば、
その後はやってくれる。


煮たり、焼いたり、炒めたり。
オーブン使ったり、揚げ物したりするのは
なかなか手が出せなかった。


自分から一番になってやることって
なかったと思う。


いつも、周りの様子を見ながら、
隙間を縫うようにして、
実習の時間を通り抜けてきたような感じだ。


そんな私を鬱陶しいと思っていたのだろう。


何度か実習を重ねるうちに、
私が使えないヤツだと分かったグループの子たちは
私を半分無視し始めた。


そのグループの中でもリーダー格の子の
私を見る目はキツかった。


どんどん、嫌な時間が増えて行った。


つづく~





いつもクリックありがとうございます。

最近、更新のペースが遅れているので・・・
でも!頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

野ウサギ。さんのお話を読んで、私が小中学校の頃の家庭科の授業を思い出しました。私にとってもやっぱり恐怖の時間でした。

ただ、野ウサギ。さんの場合、そういう方面を短大で専攻されていたんですよね。2年間にわたって調理実習の授業が続くのは本当に大変そうです。

調理実習は学生番号順でしたよね。ですが、もし、好きな人同士で実習ができる!という場合はどうなったのでしょうか…?私の場合、一緒になるような友達もいなかったから余ってしまって、結局不本意な人と一緒になってしまうような…。

あれ?いつの間にか「場面緘黙症に役立つブログ」に私のブログが紹介されている!ありがとうございます。(^_^; できるだけ正確な情報をお伝えするように、いっそうの努力を重ねなければ…。

富氏さんへ
コメントありがとうございます。

>2年間にわたって調理実習の授業が続くのは本当に
>大変そうです。

ある程度覚悟して行ったのですが現場は想像以上に厳しい環境でした(汗)。高校の友人が一緒というだけで選んだ短大は失敗でした。後悔してます。。。

>もし、好きな人同士で実習ができる!という場合は
>どうなったのでしょうか…?
>私の場合、一緒になるような友達もいなかったから
>余ってしまって、結局不本意な人と一緒になってしまうような…。

好きな人同士だったら、それなりに楽しい短大時代になっていたかもしれません。。。一応、友人はいたから・・・涙。
昔からそうだけど、グループ分けする時には必ず野ウサギ。1人残ってしまって、仕方なく人数の少ないグループに入れてもらってました・・・それが緘黙児の運命ですよねv-406

>あれ?いつの間にか「場面緘黙症に役立つブログ」に
>私のブログが紹介されている!

勝手に作っちゃいました(笑)。富氏さんのブログにある資料を読ませていただきました。緘黙から脱した状態で読むと、自分がやってきた行動がすごく納得できます(苦笑)。また、当時の自分を思い出して、こうした働きかけを周りからされたらどう反応してたんだろうと、想像しています。

我が子が通う学校には、私の見る限り緘黙児が居ないけど、もし見つけたら学校にその資料を出してもいいな、とも思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

調理実習!!そういえば、私も嫌だったなあ。。
お料理って、その場でちょっと聞きたいってことがいっぱいあるのに、
それが出来ないから動け無くなるんですよね。すごくわかります。

そんな時間がどんどん増えていくと・・・(想像したくないi-240
けど、続きが気になる私なのでした。
大学生の野ウサギ。さん、頑張れ~

るいさんへ

やっぱり嫌いだよね、調理実習って。どうして、皆で作らないといけないのだろうか・・・とずっと思ってました。1人で調理する事がどれだけ楽な作業か(苦笑)。
自分の動きを見られるのが怖い。特に私は料理が苦手だったから、どうすればいいのか分からないところがたくさんあったんだよね~。今でも、お料理教室に通う人の気持ちが知れないんですe-263

まだまだ、この先には大きな壁がありますのよ・・・涙。。。
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。