スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場面緘黙症治療プログラムの実践方法!

Category :  緘黙児について

先月、弥生桜さんからの提案でタイトルの内容をこのブログに載せました。

ところが。。。

教師は忙しく、場面緘黙についての洋書を読んでいただくのは難しい・・・というご意見があったようで、弥生桜さんの提案は取り消しさせていただきたいと連絡がありました。

今、小学校にも心の相談室があって、スクールカウンセラーが入っているのですが、このカウンセラーさんに読んでもらうのも良いかと思います。

私が思うに、担任は1年で変わるし(中には2年続く先生もいますが・・・)、もし、自分のクラスに緘黙児がいると分かってもそれについて勉強する先生っていないかも・・・。1年、無事に終わればいいっていうか・・・さ。

そもそも、緘黙児の存在を世の教師がどれだけ知っているのだろう・・・というのも疑問。。。

知らなかった事を保護者に指摘され、さらにこの本を読んで勉強してくださいと言われれば、教師のプライドを傷付けるのかもしれませんね。。。

そう思わず、本当に子供のことを思って読んでくださる先生こそが、緘黙児の助けになる先生だと思います・・・。

ただ、極度の恥ずかしがり屋・・・時が経てば治る・・・という対応の教師が殆どだとしたら、今も昔も変わらず、緘黙児は救われません。。。

小さい声を上げ続けるしかないのでしょうか・・・・・・。。。




書籍とブログの紹介、私の記事だけ残しておきます。

Helping Your Child With Selective Mutism: Steps to Overcome a Fear of Speakingです。




場面緘黙症の治療プログラムの実践を綴ったブログの紹介



現在進行形で緘黙の治療をされている方の
とても詳細なブログなので、場面緘黙児の親御さんには
とても参考になると思います。



私がこうして緘黙症についてブログを
書くようになったのは、う~過去の記事を見てみたら、
なんと”2005年11月~”でした。


まだ1年経ってないんです!


悩んで悩んで過ごしていた時間を無駄にしたくない
という気持ち1つで続けてきた「緘黙の話」も、
もう短大時代に突入しています(驚)。


また、今回紹介させていただいた
弥生桜さんのような緘黙の仲間
(勝手に仲間と呼ばせていただいてます・・・!)
も増えました。


もっともっと緘黙を知ってもらおう、
緘黙で悩んでいる子供たちを救ってあげたい、
という考えで実際に行動されている方もいらっしゃる現実。


自分が場面緘黙児だったことも知らずに、
苦しく孤独な時間を過ごしていた時間。


今でも同じ思いをしている子供は、
きっとたくさんいます。


そんな子供たちへの手助けとなれれば嬉しい、
と野ウサギ。は思ってます。




いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

こちらのブログでも改めてありがとうございます!
今日もまたブログランキングくりっくさせてもらいます。
これからもよろしくお願いします。

弥生桜さんへ

いえいえ・・・i-229こんな形でしか協力できなくてごめんなさい。ときどき思い出したように宣伝していきます~♪

そして、いつもブログランキングのクリックありがとうございます。
FC2ランキングの方は、久しぶりにベスト3に返り咲きました(笑)。こちらこそこれからも宜しくお願いします。

野ウサギ。ちゃんの人気は相変わらずすごいですね~!
私のブログと違って読み手に優しく、文章が可愛らしいのが魅力なんでしょうね。人気者になるにはやっぱり心理学的にも法則はあるみたいで、なかでも繰り返しの宣伝が不可欠ですね。
なんといっても、野ウサギちゃんの孤独で辛かった思い出に
共感する方々の思いがカウンターの数に反映されているのでしょう。
ところで、私は先日、ある場所で早口症の女性とランチ食べながら
世間話をしました。
といっても診断することはできませんから、断言はできないのですが。
聴覚障害の男性も自分の声が聞こえないのに、声を出してくれたり、手話で「あなた若い」って教えてくれました。ほんのひととき、いい時間を過ごしました。


ゆきんこさんへ

いつもコメントありがとう~♪お褒めの言葉ありがとうございますっ!嬉しいですうv-353

早口症ってあるんですか?すっごい早口って感じです(汗)。私の友人にも比較的早口の人がいます。何度も聞き返したりするのが悪くて、時に分かったフリをしてしまったりした事があります。

>聴覚障害の男性も自分の声が聞こえないのに、
>声を出してくれたり、手話で「あなた若い」って教えてくれました。

自分の声が聞こえないのに声を出すのってすごく怖いし不安な事だって聞いたことがあるような。。。会話からゆきんこさんとのコミュニケーションを楽しんでいらっしゃったんだろうなと想像できます。

嬉しい弥生桜を緘黙しなかった?


リナ♪ちゃんへ

おっと、弥生桜さんが登場するとは(驚)!
リナ♪ちゃん、どんどん面白くなっていくね~e-280

野ウサギ。さん、こんにちは。

先日は自分のアイデアを自画自賛して宣伝文をわざわざ掲載していただきました。

けれども、その後、河井先生や現役の小学校の先生から、先生が洋書を読んでいる暇なんてないという実態を教えられましたので、僕の提案は取り消します。

教師という職業は超多忙で平均寿命も短いのだそうです。

すみませんが、せっかく記事を掲載してもらいましたが、緘黙の治療プログラムを実践する方法に関する部分は削除してもらえませんか? 
どうかお願いします。

弥生桜さんへ

分かりました。

確かに教師という仕事は忙しいでしょう・・・。でも自分の身を粉にして親身になってくださる先生は必ずいらっしゃいます。弥生桜さんの提案に賛成してくださる先生こそが緘黙児の助けになってくださる先生だと思います。
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。