スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績を上げるコツ?

Category : 高校

高校時代の恋の話が終わったので
次は何を綴ろうかと考えてました。


部活のことも、
書こうと思えばたくさん書けるけど、
何となく、書く気分ではないので、
別のことを書こうと思います。


高校入学してから2年生中ごろまで、
私は大して勉強もしないで、
部活に明け暮れていました。


卒業後、どうするかなんて
考えていませんでした。


それでもどうしても考えざるを得ない時期に
なると、今まで一緒に遊んでいた友達も、
密かに勉強を始めるんですよ(苦笑)。


そんな状況で、私ものんびりと勉強を
始めたわけです。


・・・・・が!!!!!

勉強は大嫌いだった。


小学校、中学校でも試験勉強なんて
した覚えも殆ど無い。


高校受験する時期に少しはしたけど、
その程度で入れる高校だった。


つまりは落ちこぼれだった。


勉強に対して、何とも思っていなかった。


なんで勉強しないといけないのだろうか・・・
とずっと思ってた。


そんな私でも、
緘黙を克服した高校生になると考えが変わった。


高校2年の夏過ぎごろ、だったかな。。。


このままでは、進学先がない!
ということに気がついた。


働く気も無い。
というか、私なんかがどうやって
働けばいいの?と思っていた。


あまりにも悪い成績。
底辺にへばりついてるような成績だった。


何とかしなければ!


部活はやりたいし、塾に行く気も無い。


自分で勉強するしかなかった。


でも、
何から手を付けて良いのかも分からない。


とりあえず、
通知表の数字を上げればいいのではないか?


そう考えて、
テストの点を上げる事に集中した。


当時、
一番得意だった「生物」から頑張ってみた。


まずは授業を集中して聞く。


ノートを取り捲る。


先生が大事だという言葉をノートの欄外に書き出して、
後からチェックしやすいようにする。


見た目もこだわり、色鉛筆を数色用意して、
重要部分に色をつけてカラフルにする。


とにかく、楽しく勉強する。


それを実践し始めて、
次のテストでは良い点がとれた。


その方法を別の教科にも採用し、
私の宝物ノートは増えていった。


数回後のテストでは、
クラス最高点も取れたり、
職員室前に名前が貼り出されるほどの
変身ぶりだった。


そして、通知表の数字も
どんどん伸びていった。


すごいね、自分!


でも、こんな風に勉強すれば、
成績も上がるんだなあ、って思った。


やり方次第だね、勉強は。
(なんて、エラそう?失礼。。。)


そんなことを卒業まで繰り返した。


内申点も上がり、
あとは進学先をどうするか!


私の決断は・・・・・・?


つづく。






【オマケの話】

試験後の授業では、
テストの答え合わせも兼ねて授業をしてた。


特に「生物」の先生は、
「この問題を解けたのは1人しかいな~い!!!」
とか言って、
「それは野ウサギ。だぁぁぁ!」
なんて言われたりもした。


嬉しかったよ。やっぱり。
その時は照れくさい笑顔で。。。


当時、大好きだったM君がいた時も、
そう先生に言われた事があって、
「すげえ・・・」と言われたような記憶も・・・ある。
(私の妄想かもしれない・・・が。。。(苦笑))


とにかく!


私の小学校の頃の思い出に書いたけど、
クラスで1人だけ100点を取ってしまった時、
笑顔で喜べなくて悲しい思いをした時のことを
考えると、私も変ったものだ。


すごい自信があったテストでも、
点数に満足できなかったりもした。


この点、やはり完璧主義だね。


1点2点足りないのも満足できないんだから(苦笑)。


ちなみに、運転免許を取る時の
最終の学科試験だっけ(?)も、
1問間違えただけで、悔しかったなあ。


それでも、その回のテストでは満点が
いなかったから良い成績だったんだけど。。。


全問正解だったらテレフォンカードが
もらえたのに~!ってね。







いつもクリックありがとうございます。
ますます、頑張っちゃいます~♪

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。