スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格発表と卒業

Category : 中学校

さて、久しぶりになりましたが、
緘黙の話の続きを書きますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大変な思いをした高校受験だったけど、
無事に合格した。

受けた高校は全部で3校。
有難い事に全て合格することができた。

そして結局、私が選んだ高校は・・・もちろん、
一番最後に受けた公立高校!

私の事を知ってる人が居ないのが一番理想だけど、
仕方ない。。。

それでも数人同じ中学の子がいたので、
もしかしたら、また緘黙生活が始まるかもしれない。。。

緘黙を克服できないかもしれない・・・
と少し諦めてた。

でも、そこしかない!
この高校で頑張るしかない!

そう決心しました。

入学までが待ち遠しい・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中学卒業のことも、これまたすっかり忘れています。

どんな式だったか。
友達とどんな別れをしたのか。

さっぱりです。

私の気持ちはもう、
高校に向いていたのかも知れません。

中学校の最後に覚えている光景は、
若い先生が学校でギターを弾いてくれていた。

その先生のそばにいたような覚えがある。

その先生は、ギターを演奏しながら、
涙をながしていたような・・・?

あ・・・・・はっきりと覚えてない。。。

3年間続けた緘黙の自分とはお別れできる。
それだけが嬉しかった。

もう、この嫌な思い出ばかりがつまった
中学に通わなくてもいいんだって、それだけが嬉しくて。

最後に校門を出る時の足取りは軽かった。

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

この間は私のブログにきてくれてありがとうございました。
息子二人の母なので、言葉が乱暴だったりして、驚かれたのではないでしょうか・・・?

緘黙症と言う言葉に出会ったのはどれくらい前なんだろう?
自分が緘黙症だったと確信したのは、次男が緘黙症だと判ってからなんですが。
今だって認知度が低いのに、当時なんて、全く理解してもらえなくて、今更だけど、当時の自分がかわいそうに思ってしまいました。

野ウサギ。さんのブログ読んでて、自分が経験したこと、次男が経験したことと、重なって涙が出てきました。

本当は普通に喋りたいのに、喋れない。どうしてなのか自分でもわからない・・・。

すっかり自分の記憶の中では忘れてたことだけど、緘黙であった頃は、学校で笑ってなかったと思います。可笑しいことがあっても何故だか笑ってはいけないような気がしてました。

ついつい長くなってしまってごめんなさい。又遊びに来ます。

ruさんへ

私も緘黙症だったと分かったのは、つい最近です。
なぜ、自分がそうなってしまったのか、原因がはっきりと分かっていたので知ったときは楽になれました。

今でも、緘黙児は理解してもらえていないようですね。。。e-263
一番近くにいる家族以外の大人=教師に理解してもらえないってのはとっても辛いんだよね・・・。

今、当時の自分を思い出して考える事が一杯ある。

緘黙児は、毎日毎日、悔しい思い、悲しい思いをたくさん胸に抱えて、でもそんなこと誰にも言えない頑張り屋さんだよね。

もし緘黙児だった頃の自分に会えるのなら、誰も理解してくれない中で「よく頑張ってきたね」っ言いたいよ。e-278

この経験を同じ思いをしているであろう誰かに聞いて欲しくて、そして身近に緘黙児がいる人には理解してもらいたくてブログに残してます。

ruさんが、野ウサギ。のブログを読んで涙してくださったなんてv-409書いてて良かったなって思いました。

緘黙の当事者以外の人にももっともっと読んでもらって、心の隅っこにでも緘黙児の存在が残れば嬉しいなって思います。

>でも、そこしかない!
>この高校で頑張るしかない!

>そう決心しました。

うーむ、野ウサギ。さんは、昔からガッツがあったんですね。v-91私の場合、高校に入ったらますますいじめられるんじゃないかとか、不安でいっぱいでしたよ~(スミマセン…暗い話ばかりで…e-330)。それにしても、卒業のことというのは、私もあまり覚えがありません。

今回は、何やら明るい展開を予想させるお話です。激動の新展開(?)高校生編を楽しみにしています!

富氏さんへ

ガッツ・・・v-356!絶対楽しい高校生活を送りたいって気持ちは強かったけど、その分、不安もたくさんあったよ。
詳しくは高校生編でね。v-221
楽しみにしてくれてると思うと・・・野ウサギ。頑張っちゃうなぁ(笑)。
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。