スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて先生の前で笑った時

Category : 中学校

中学3年生の時の担任は女性だった。
当時・・・ちょうど今の私と同じ年齢くらいかなぁ。

とにかく男らしい先生だった(笑)。

私は密かに先生の事を、
”妖怪人間のベラ”に似ていると思っていた。

顔も雰囲気もそっくりだったから。

その先生は、私をとても自然に受け入れてくれた。

これ!といった出来事はなかったけど、
なぜだかそう感じていた。

この先生なら、安心できるって思ってた。

3者面談の時。

私は母親と一緒に先生の前に座っていた。

具体的にどんな話をしたのか覚えていないが、
時期的には進路の事だろうと思う。

その時、私は、先生に何か発言を求められた。
そして、ふと自然に笑顔が出た。

先生と母親の前で、しかも学校で笑ったのだ。

初めての事だった。

少しうつむいて笑顔で何を答えたのかは知らないが、
とにかく笑っていた。

私はその時、笑えた事がとても嬉しかった。

先生の前で笑えた。

「この子は笑えるんだ」
って思ってくれたかなあ。と考えたりした。

それよりも母親の前で笑えた事の方が
嬉しかったかもしれない。

「娘は学校で笑えるんだ」
って思ってくれたかなあ。とも考えた(笑)。

私が学校で喋らないことに関しては、
母はうるさく言わなかったが、
「いつも笑顔でいなさい」とはよく言っていた。

だから、先生の前で笑えた事で、
少しでも母親の心配を減らす事ができたかなあ、
って思った。

その日以降、私は相変わらず、
クラスで笑う事も喋る事も無かったけど、
その時笑えた事は、その後の高校生活で
緘黙を克服する時の勇気にもなったと思う。

なぜ、あの時笑えたのか。。。
自分でも不思議。

この先生の前なら笑っても大丈夫!
って思えたのだろうか。

その時の笑顔は準備していた笑顔じゃなく、
とても自然に出た笑顔だった。

いつも家で見せる笑顔だったと思う。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

さすがはベラ先生!

「妖怪人間ベム」懐かしいねぇ。
私は好きじゃなかったけど、当時魔法使いアニメが主流だったのに、何だか異色の番組として思い出しました。(同世代やね)
野ウサギ。ちゃんにとっては、偉大な先生なのかもしれません。私もコミュニケーション障碍の自閉症の皆さんと笑い合って過ごせた日々は、お金より何より大切な宝物。ベラ先生にとっても、野ウサギちゃんの
その笑顔、素敵な贈り物だったでしょうね。

ゆきんこさんへ

「妖怪人間べム」はいつ観ても面白いですよ。好きだったなあ。恐々観てた。夏休みになるとTVでやってたんだよね。

う~ん、何となく思い出したけど、3者面談の前の日に「明日は笑ってみよう・・・」とか思ってたような気がする。

明日は笑ってみよう

野ウサギ。ちゃんは、いつも詩人だな~と思います。「明日は笑ってみよう。」
そのことば、またいただきます!
恐々見てしまう「妖怪人間ベム」が好きな
野ウサギちゃんって、面白いです。
私は、「ミンキーモモ」がいいです。

ゆきんこさんへ

ありがとう~詩人なんて言われるととても嬉しいよv-10

「ミンキーモモ」って?知らないなぁ・・・笑。

ミンキーモモはね、

説明不足ですみません。魔法のステッキで色んな職業婦人になり、困っている人々の御願いを適える魔法のプリンセスの話です。1980年代アニメ全盛時代に放映されていました。アニメソングも好きで「♪ラブラブミンキーモモ、お願い聞いて」とか「何かが待ってる今日の向こうに」「大人になったら何になる?」と子どもたちの前でも歌っていました。

笑顔かあ

野ウサギ。さんのこの記事を読んで、私も笑顔でいるように父親に言われてたなあって思い出しました。

笑顔を見て嫌な思いをする人はいないですもんね。今でも笑顔は意識しています。野ウサギ。さんもそうなのかな~ってちょっと思いました♪

笑顔がわかりません

僕にとっては喋らないのに笑顔でいるということが不思議で理解できません。今は口数は少なくてもまあまあ笑顔を作ることができますが、当時は絶対に生き生きとした表情を見せてはならないといつも堅くきっと口を結んだ顔をしていたと思います。
その後遺症は長い間続きました。
大学のクラブの追い出しコンパのときにもらったプレゼントは「笑い袋」でした。
外からスイッチを押すと大笑いする袋。
これは、クラブでの僕の態度への皮肉だったんですよ。
自然な笑顔を取り戻せるようになったのはそれからずいぶん後のことだったと思います。

るいさんへ

緘黙児にとって笑顔を作るってのはとても勇気のいる事ですよね。私は当時から、笑う事ができれば自然に喋れるって思ってましたから、喋るより笑う事が出来れば楽になれるのにって思ってました。

今も、とても笑顔の素敵な人が回りにいるんです。いつも会うときは笑顔です。とりあえず、遠くからでもその笑顔が見られると、ホッとするんです。その人の笑顔が今の私の目標ですね~v-290

弥生桜さんへ

そのプレゼントは弥生桜さんにとってとても傷つく物ですね・・・私もそんなのもらったらますます、緘黙がひどくなると思うわ。。。

私も緘黙の頃は絶対笑顔は見せられないって、固く口を閉じてましたよ。1日学校にいると、顔の筋肉が固まってきて、時々トイレに入って一人で笑ったりしてました(笑)。

るいさんへのコメントにも書いたけど、笑顔って人をホッとさせるんだよね。だから、自分の作った笑顔がたとえ作り笑いだったとしても、強張っていたとしても、自分の心の扉を少し開ける事が出来ると思うの。
それから扉を閉めてしまうか、もう少し開けてみるか・・・私は、人との関係ってそんなことの繰り返しのような気がする。。。

ゆきんこさんへ

ミンキーモモのこと、教えてくれてありがとう。ここまで読んでても、分からないよ~涙。観た事ないのかも・・・?
でも、子ども番組に流れる曲って歌詞がとてもいいですよね。子どもが小さい頃に、一緒にアンパンマンの曲で涙が出てきたことがありましたよ。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。