スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活

Category : 中学校

中学校に入ってからは特に楽しみもなく、
でも緘黙児は毎日学校へ通うのだ。

毎日毎日、3年間。

それが終わる日が来るのだけを待って、
重たいカバンを握り締め通っていた。

私の唯一の友達である交換日記の相手。

彼女に誘われて部活に入る事にした。

”テニス部”

中学生になったら部活やるってのは、
当時私たちの同級生の楽しみでもあった。

本当言うと、私はあまりやりたくなかった。

でも彼女も一緒だということ。
テニスをやってみたい気持ちもあったこと。
部活顧問の先生がかっこよかったこと。

といい条件が揃っていたので
やることにした。

部活の始まりも終わりも彼女と一緒。
当然、下校も一緒。

いっつも彼女と一緒の生活だった。

部活に入ると、
ちょっと大人になった気持ちにさせてくれる、
「先輩」「後輩」関係。

「先輩」と呼ばれる人達にとって
私の存在などただの新入部員の一員であって、
緘黙児なんてこと関係ない。

そんなさっぱりした接し方も少し嬉しかった。

はっきりした記憶はないけど、
私はテニス部をいつまでやっていただろうか。

一応、テニスラケットも両親に買ってもらって、
部活のある日はラケット片手に登校してた。

両親も、私が部活をやるなんて驚いただろう。
そして喜んだろう。

だから、何も聞かずにラケットも買ってくれた。

でも、部活生活はそれ程長くは続けて居なかった。

彼女より早く退部してしまった覚えはあるけど、
どんな事情でやめるのか、彼女には交換日記で
説明していたと思うが、理由を覚えていない・・・。

なんだろうか・・・。

やっぱり緘黙児である私にとって、
学校という場所から一時も早く帰りたかったのだろうか。

部活やめて家に帰れば、
それだけ早く緘黙状態が解けるんだから。

中学の部活はこんな感じで終わった。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。