スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園の発表会

Category : 保育園

私が通っていたのは保育園。


両親共働きだったから、
いつも忙しい姿を見ては「1人でいなきゃ」と思ってた。


いつも何かを我慢していた。


保育園に通っていた間にやった発表会というのは
一つしか覚えていない。


どうして一つしか覚えていないのだろう。


でも、たぶん保育園生活最後の発表会だったと思う。


その時、私はねずみ役だった。


セリフはない。


劇で使うねずみのお面を母親が作ってくれた。


すごくカワイイお面で気に入って被っていた覚えがある。


私はその時、人前に出て何をやったのかも良く覚えていない。


でもお面が気に入って大事にしていた覚えだけはある。


当時はまだ、自分がどんな子に見られているのか
考えたりはしてなかった。


こうして書いてみると、保育園時代の記憶はさっぱりない。


楽しい思い出などもない。


遠足とかお散歩とかにも行っただろうが
全く覚えていない。


お昼寝もしたと思うが、気持ちよく寝た覚えもない。


きっと朝から、早く家に帰りたいと思って
過ごしていたんだろう。


母親のこぐ自転車の後ろに座り
温かい背中にくっついて帰る時だけを
待っていたような気がする。。。

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

憶えていない保育園時代なんて、
保育士としては泣けたりしますが、
それほど辛かったんですね。
わたしは、ジャックとマメの木の「おかみさん」でした。
でも、年長だったのに誰と仲良しだったのか、
誰と遊んでいたのか憶えてないですね。
両親の離婚の前でしたからね。
野うさぎさん、お母さんが一番大好きで、安心できたのでしょうね。
わたしは、「お買い物自転車」の籠に乗ってましたよ。

ゆきんこさんへ

本当に記憶がないんだよね・・・。
今思うと悲しいなあって思うけど、その時は毎日が辛かったんだと思う。
ゆきんこさんもいろいろと辛い記憶があるんですね。。。

毎日お迎えの自転車の後ろから巻きつく母親の温かい背中が大好きでした。
とても安心できる場所だったんだけど、イマイチ母親にも心を開けて
いなかった・・・っていうか、今でも少し距離を置いているような・・・。
緘黙児で散々心配させてきたから、さらに余計な心配を掛けさせないように
って思ってる。
だから悩みを相談したことないな。子供の時も・・・今も。。。

う~ん。辛い経験ありますよ。いっぱい・・
・辛いことの方が、いくらでも話せるくらい。
今年は、年始から特に多かったなあ。
根が軟弱だから、相談する人は複数もっています。(迷惑かけあってるかも)
泣いたり喚いたり、恨んだり、憎んだりと、
喜怒哀楽が激しくて、目の前の問題持ってる子どもの餌食になって
最後はバーンアウトです。
でも、自分も辛いけど、辛いのは自分だけじゃない。
目の前にあるいいことを見つけられないだけだったんだ。
最近、そういう体験を少しずつ重ねてブログで綴ってきただけですね。

お母さんって「心配かけていい人」なんだけど、わたしも一時は
「迷惑かけないように」というのが口癖になってました。
うちのおばあさんも未だに心配性なんです。

ゆきんこさんへ

辛い思いを相談できる相手がいるのはとても心強いことですね。
私はそこまで喜怒哀楽をぶつけられる友人は居ないなあ・・・。
旦那がいるから助かってるけどね。
私は子供がいるけど、この子のためなら何でもやれるって思ってる。
自分の母親もきっとそう思っているんだろうけど、なかなか素直に甘えることは
できないなぁ。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うさぎ日記

ぴょん2よませてもらいました☆
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。