スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後からついてくる男の子

Category : 小学校

先日見た夢の話で気分はすっかり高校時代・・・なんてね。

いやいや、まだ小学校時代の思い出話が残ってる・・・と言ってもそろそろ小学校の話も終わりに近づいて来てます。。。



小学校何年生の頃か忘れた・・・足を怪我した前後だったかなあ?

学校からの帰り、1人で帰ることがたまにあった。
なんでかな・・・。よく覚えてない。

一斉下校でない日で、友達もなく1人で帰る日。。。
ある男の子が私の後ろについて来る事があった。

名字だけは不思議と覚えている。
心の底では彼の存在を恐れていたのかもしれない。

同じクラスだったかどうかも覚えてないけど、
同じ学年の男の子だった事は確か。

その子、私の後からついて来て何をするかと思えば、いたずらよ。

私のランドセルを後ろから引っ張って、私が何か喋るかと試すの。

引っ張られた私は初めのうちは黙って抵抗していたけど、あまりにしつこいから「やめて」と小声で何度か言ってた。

すると男の子は「は?」といいながら、私の声が聞こえるくらい近づいてくる。

「もう1回言って」とかさ。。。

嫌な男の子だったなあ。

そんな事は数回繰り返されたんだよね。

私が1人で下校してる時に狙ったようについてくるの。

気持ち悪い・・・。

でも、誰にも相談できずにひたすら1人で耐えてた覚えがある。。。

自然にそのいたずらは消えていったけど、彼の意地悪な顔つきは今でも思い出せるよ。



中学時代も高校時代も、見ず知らずの人につけられた事がある。。。

黙ってついてくる人って怖いよね。

緘黙児にとって、学校へ行くために家を出るとそこからもう緘黙の世界が始まっていて、学校から帰って家の中に入るまで終わらないんだから。道中で出会う人に対しても緘黙となってしまうのは当たり前。

嫌だからって声なんて簡単に出ないんだよ・・・。出せないんだよ。。。


スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

許せぬ!

夜分遅く、失礼します。m(_ _)m

すごく嫌な男の子ですね。本当に許せません!
私はそんな意地悪をされた経験はないのですが、
想像するだけで嫌です。

嫌と口に出そうにも、できませんものね。
言っても、かえって面白がられるわけですから、
始末が悪いです。

緘黙児が頑張って「やめて」と言っても、
小声でぼそぼそとしか話せませんから、
いじめっ子に対する威圧にはなりません。
辛いところです。

小学生の男の子なんて、意地悪盛りですからね。
ただ、中には好きな女の子の気を引く目的で
意地悪する男の子もいます。
この場合は…やっぱり違うかな。

そういう子、いますいます!

単なるからかいなのか、好意の間違った表現なのかわかりませんが、
「誰にも」相談できなかったのが、辛いよね~。
スクールカウンセラーとか、学校心理士も就職や昇進に有利という理由もあったり、このご時世で小学生の心のケアもちょっとくらいは進んでますけど、DVにしても加害対象へのアプローチがお座なりのような気がしますね。

どっちにしても、誰にも相談できないで我慢して健気に通学してる緘黙ちゃんは、後回しだもんね。

わたしも似たような男の子が数名
フラッシュバックしたよ。

富氏さんへ

その子、人目の無い所でしか悪い事をしないから1人になるのが怖かったような記憶がある。
緘黙児がいじめられると、2倍の苦痛がありますよね。。。
1人で耐えるだけ・・・。いじめられるからって学校を休む勇気もないんだから。。。

ゆきんこさんへ

絶対とは言い切れないけど・・・好意は無かったと思う。。。でももしかしたら・・・笑。今となっては分からないけどね。。。
今はスクールカウンセラーや心の電話とか、相談できる相手があるみたいだけど、緘黙児ってそこに打ち明ける事も出来ないよね、きっと。
誰にも助けを求めずに、1人で強く生きていこうって気持ちはあったよ。
学校という社会しか知らないし、1日中、黙っていても学校に通うのが自分のしなければいけないことだって言い聞かせてた。

ゆきんこさんも同じような事あった?緘黙とは別の心の傷って感じだよね。

ちょっと言えませんね。

男性陣の数々の卑劣な仕打ちというのは、まだ父のことだけですよ、開示できたのは。
本当に信頼できる異性は、もういないのだと思っているからシングルなのだから。
緘黙でも結婚して子どものある人の
方がずっと幸せじゃないかしら?

ゆきんこさんへ

そっか・・・ゆきんこさんは辛い出来事があったんだよね。。。

私は男の人につけられたりして怖い思いもしたけど、男性に対して不信感は無くて。。。
心の奥にあるゆきんこさんの辛い過去はとても重いんだね。私には想像も出来ないよ・・・。

結婚してても、ずっと一緒にいると時には早まったか・・・なんて思ったりもするけどね(苦笑)。
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。