スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年

Category : 現在

すっかり久しぶりの更新で…
8月以来になってしまいました。
が、ツイッターで結構つぶやいていた(?)ので、
それほど遠ざかっている感じはしないのですが、
私だけでしょうか…。

今年は、本当にいろんなことがあって、
自分はなんてダメ人間なんだろうかと
思う事ばかりでした。

でもなんとかやっています。

緘黙だった頃の苦しみを、
今も時折感じたりしますが、
それも生きているからこそ。

どうしようもない自分だけど、
それでも必要としてくれる人や場所があることを
有難く思って過ごしています。

来年もそんな気持ちでずっと
過ごしていけたらいいなと思います。

ブログをUPするより、
ツイートした方が簡単なので、
ついついツイートになってしまいますが、
ブログも時々は書かなければ、ですね。。。笑

緘黙について、
最近は全く書いていないので、
少し書きたいな、書いた方がいいな、
と思ったりもしています。

現実に目の前で緘黙と闘っている子供に
関わることもない物ですから、
余計、遠い存在になっているかもしれません。

もっと、ボランティア的な活動も
してみたいな、と思っています。

もし私みたいな者が役に立てるような活動が
ございましたら、ぜひお声かけください。

今年も緘黙の話を読んでいただいて
ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

今年もよろしくお願いします。

野ウサギ。さん、ご無沙汰しております。
自分を必要とされるから生きていける。
そうかもしれません。
でも、必要とされていないと思い込まないのが大事じゃないですか?

野ウサギ。さんならではの活動が新しく始まる1年でありますように。

No title

野ウサギ。さん、大変ご無沙汰しております。
時々、ブログを覗いておりました。

私はツイッターはやっていないので、野ウサギ。さんがどういうことを
つぶやいておられるのかはわからないのですが、気持ちを吐露できる
場所があるのは、とても良いことだと思います。

緘黙症の記事、私もかなり遠のいてしまってます。
子どものことでいろいろと心配事が多く、子どもの記事ばかり書いてます。
いじめに怪我、今年はそういうことが無くなって欲しいなと願うばかりです。

今年は、ずっと先延ばしにしていたことにいよいよ手をつけて、少しずつ
片付けていけたらと思っています。

今年一年、野ウサギ。さんにとって幸せな年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。