スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足の怪我3

Category : 小学校

続き・・・・・

母親に送られて始まった初日に、
学校でどうやって過ごしていたのか全く覚えてない。

たぶん帰りも迎えに来てくれていたと思う。

ちょうど寒い時期で、
母が手袋をして自転車をこぐ姿だけが目に焼きついている。

その日、再び病院へ行ったのだろう。記憶ははっきりとない。

今度は、専門の医師がいた。

それでも、昨日と同じような話を聞いたと思う。

私のごっつい足。固定された器具と包帯は変わらなかった。
専門医ならもっとスマートにしてくれるだろうと期待していたのに。
・・・・・ダメだった。

「いいんじゃない?」この一言で終わり。

骨折するとギブスをつけてもらうでしょう?

あれよりも厚みがあってとにかくボリュームがすごかったから
何とかして欲しかったんだけど、何ともならなかった。。。

そのまま、温シップを貼りかえたのかな・・・。

とにかく、足はそのままで松葉杖だけを貸してもらった。

これで移動は楽になった。

慣れない松葉杖だったが、片足ケンケンよりマシ。

次の日から、私は松葉杖を抱えて母親の自転車の後ろに座った。

私が松葉杖を持っていくと、
何人かの興味を持ったクラスメートが「貸して貸して」と寄ってきた。

勝手に遊んでくださいと思った。

私自身より、松葉杖に興味を持っていかれてホッとしていた。

松葉杖はあれど、片足だから、当時おトイレとかどうしてたんだろう。

昔だから当然和式のトイレだしさ、
個室ですごく無理な格好してたんだろうね(笑)。

体育はずっと見学していた。苦手だったから、嬉しかった。
日当たりのいい場所に座って見学する時間は暖かかった。


私はこんな怪我をしてまでも、学校へ通わなければならない。
私の過ごす世界は家と学校だけだ。休む事も出来ない。

毎朝、母親に送迎される私は寒い朝、
母の背中の温もりを感じながら思っていた。

教室から去っていく母親を見送ると泣けてくる日もあった。

怪我をしていなかった日々よりも、寂しい気持ちが続いた。



定期的に通っていた外科病院でも、私は緘黙児となっていた。

医師に何か聞かれても答えられなかった。
そして、笑う事も出来なかった。

そんな私に医師も何か感じていたのだろう。

足の具合も良くなり、最終のレントゲンを撮って
「もう大丈夫ですよ。歩けるよ」と言われた時、
私はウンともスンとも言わず、
さらに笑いもせずにただ座っているだけだった。

その時、
「嬉しくないの?笑ってもいいんだよ。
最後くらい笑ってくれるかと思ったけど・・・。」と医師は言った。

笑いたくても笑えない、嬉しい気持ちを表に出せない緘黙児なんだよ。

足の怪我をしたことで、医師に突っ込まれた一言は、
胸にズキンときてショックだった。

最後の最後にとどめの一言を食らわされて終わった足の怪我だった。。。





【おまけ】

実は、私は学校以外のある場所でも緘黙児になっていた。
それは母親の実家だ。

母親は兄弟が多く、盆暮れに必ず一族が集まる。
私も、小学校の頃は毎回一緒に行っていた。

「行きたくない」と言うと、
「年に数回くらい顔を見せに行きなさい」と叱られていた。

学校に行かなくてもいい日に、緘黙になるのが嫌だった。

私と同じ年頃のいとこ達がたくさん来る。

もちろんしゃべらない、笑わない。
だから、馴染めない。一緒に遊べない。溶け込めない。
1人でポツンと隅っこで座っている子だった。

でも、なぜか不思議と普段の私で居られる時もあった。

普通に話し、普通に遊んで帰って来る時もあったのだ。

楽しい思い出を残して、帰ってきても、今度会うのは半年先とか
だから、その時はまた緘黙になってしまったりする。

そんなの自分でも嫌だったなあ。
心の中に違う人間が住んでいるみたいでさ・・・。

今回はこっち、次回はあっちなんて。


そうそう、緘黙児だった時に、
「二重人格だ~!」って言われた事があったの。

私が学校では一言もしゃべらないのに、
家ではペラペラしゃべるんだってよ~!なんて噂が飛び交った時ね。

二重人格という言葉を聞いた小学生の私は、
本当にそうなのかって思ってたよ。

それ以来、子供ながらに二重人格なのかも、
なんて思ってたけど、どうも違うらしいという結論になっていた。
自分の性格のせいだと思ってずっと生きてきた。

そして、2005年。
自分は場面緘黙症だったんだと判明。

今はとてもスッキリした気持ちになれました。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

野ウサギ。さん、おはようございます。

足の怪我、大変な経験だったんですね。
周りと違うってことに敏感な時期に、包帯ぐるぐるで松葉杖で・・・と考えると、本当に辛かったんだろうなって思います。周りに「助けて」とか「手伝って」なんて言えないし。。

【おまけ】のお話、「二重人格」は、私は言われた記憶はないのだけど、自分自身で「二重人格なのかも」とずっと思っていました。緘黙症なんて言葉があるなんて知らなかったし。

帰宅後に素で遊んでいる姿を同級生に見られないようにすごく気を付けていた記憶はありますね。

私の場合、親の実家は大丈夫でした。親戚が近所に住んでいたので、年に何度も顔を見てたからかな。もし野ウサギ。さんと同じ状況だったら、私も緘黙になっていたかもしれません。

なんだか、野ウサギ。さんのブログを読んでいろいろ思い出しました。

るいさんへ

こんばんわ♪
足を怪我した事が小学校生活で一番大きな出来事だったんです(笑)。
注目されるのが大嫌いな緘黙児が嫌でも注目されてしまうんだから・・・。
それでも頑張って登校した自分に今は拍手を送りたい・・・なんて思ったりして(笑)。

自分が緘黙だって事を知っているクラスメートに外で突然出会ったりして、一瞬のうちに緘黙状態になったりしてたよ。見られちゃったかなぁってずっと気になってたわ。

もうすぐパパになる~

こんにちは、パパ日記の展開が面白くなってきました
ほぼ毎日更新しています、
お暇なら見に来て下さい
コメント・トラックバック・相互リンク歓迎!!

場面緘黙と知ってから

こんばんわ、雨宮です。

自分が場面緘黙と判明してスッキリされたんですね。
俺の場合は全く逆です・・。

異様に過去に捕らわれ始めて落ちて行くばかりのような・・。

後、場面緘黙の頃の記憶が薄いのは同じかな。
喋らなかったくせにどういう風に掻い潜ってきたのかよく覚えてないし
この症状の特徴でもあるのかな?なんて思いました。

野ウサギ。さん、こんばんは。

うーん、ということは、学校での普段の野ウサギ。さんは、
目立たないお子さんだったのでしょうか。

私は、場面緘黙になってから、目立ちっぱなしでしたよ!
明らかに変わった子供でしたからどうしても…。
一部の先生方は、私をクラスの仲間はずれにしまいと思われたのか、
授業中等に私についての話題をみんなの前で意識的に取り上げられたり。

でも私の場合、目立つことはそんなに嫌ではなかったような?
私はちょっと変わった緘黙児だったのかもしれません。

今でもシャイなのにどこか目立ちたがり屋という、
矛盾した性格です。

専門家の存在意義

親族の間でも緘黙とは、大変でしたね。(わたしと逆だね)
二重人格と、緘黙との違いというのも
議論の的になりそうだけど、
自分でもわざと緘黙しているんじゃないかとか、話したいのに話せなくて苦しくなっている。
しかも集団とかここ一番という肝腎なときに話せないのが、
大人になっても引きずった場合は、辛い。
逃げ出しようの無い子ども時代だってもちろん辛いけど、
過去形で踏ん切りがつけられてたり、
複数の仲間からの、「緘黙でも大切な存在」だったり、ありのままでいてもいい「居場所」があれば、いいのかも。

私の場合、何とかして欲しい「専門家」という立場の存在には、反って
緘黙がひどくなり失望や落胆が大きかった。
そこに居るだけの他愛も無い友人や
普通の人々の方がずっと癒されて治療効果は大きかった気がします。

では、「専門家」は何のために在るのか?やっぱり、緘黙業界においても
必要ですか?

駄目パパさんへ

もうすぐパパさんなんですね。
赤ちゃんはかわいいですよ~。
この子のためなら何でもやれる!って親になるってすごい事ですよ~♪

雨宮さんへ

うん。はっきり分かって本当にすっきりしました。
今生きてる自分が、過去の自分としっかり向かい合えるようになった感じかな。
雨宮さんは逆なんだね。本当の事を知る時期も重要かも。
私の場合は結婚して子供もいたし。もし、まだ独身の頃、一人ぼっちで寂しい時に本当のことを知ったなら、今ある自分は緘黙のせいだって思って落ちてたかも知れないからさぁ・・・。

富氏さんへ

全然目立たなかったよ。っていうか目立ちたくなかったよ(笑)。
先生の話題にされるのなんて怖いよ~。私には耐えられない。。。
今はちょっと目立ちたいって気持ちはあるかも(苦笑)。でもやっぱり注目されるのって苦手だなあ。

ゆきんこさんへ

子供の頃の自分に戻って考えてみると専門家ってうるさい存在だと思う。
だってもし、バリバリの緘黙児だった頃の自分が、専門家の前に連れて行かれてどうこうされたって、絶対、心は開かなかったと思うし。。。
いくら専門家とは言え、治そうと思って治るものじゃないと・・・。
でも緘黙児を抱える親の立場から考えると専門家の存在って有難いと思う。緘黙児本人のためというより、周りの人間にとっては必要な存在かも。
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。