スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチメイト症候群

Category : 現在

また久しぶりになりました。
気が付けば一ヶ月放置してしまってますね…
今日は少し書こうかなと思う事がありますので、書いてみます。

タイトルにも書きました。
今、若者の間で”ランチメイト症候群”と呼ばれるものがあるようです。
調べてみたら、学校や会社などのお昼ご飯を一緒に食べる相手が居ない事について恐怖心を抱く
精神症状の一種、とありました。

そしてどうするかというと、トイレの個室で食事をする、と。
誰にも見られず自分を守ってくれる空間がトイレしかないと、そういう事らしいです。


どうしてこんな事を書いたのかと言うと、私もそれに似た事をやったことがあるからです。
高校に入学して、すぐくらいです。
まだ緘黙を克服出来ていない、とてもしんどい時期でした。
毎日、お昼御飯を食べる相手を教室の中で探していたのですが、
なかなか声をかけられず、今日は駄目だったという日もありました。
仕方なく一人で食べる日もありました。

そのうち、私に似たような雰囲気の子が私にくっついてくるようになりました。
私は、どうしてもその子と一緒にお弁当を食べるのが嫌でした。
逃げるように、トイレに行った事がありました。

そういう時は、その子は教室で、一人でお弁当を食べていたのだと思います。
私の気持ちとしては、一緒にお弁当を食べる友達もいないのか、
というクラスメイトの視線を避けたい、それから、私と同じようなその子と
友達だと思われたくない、そんな気持ちでトイレに逃げ込んだりしていました。

今思えば、トイレに逃げ込んだのは、別に弁当の時間だけではなかったです。
少し長い放課とか、一人で居る事を見られたくない時には、
あまり生徒が通らない棟の暗いトイレに行ったりしていました。
そのトイレの窓から外を眺めたりする事もありました。

今思い出すと、そんな生活しかできなかった自分が本当に可哀想です。
自分で言うのもおかしいですけど、可哀想だな、って。

そうするしかなかった環境から、何とか抜け出さないと、と
私は高校に入ってから毎日思っていました。

トイレにこもったりする寂しい生活は、少しの期間で終わりました。
思い切って、クラスメイトに話しかけ、それが受け入れられ、
友達として生活できるようになったからです。

でも、保育園から高校に入ってから数カ月まで、緘黙で過ごした日々、
本当に一人ぼっちで、それでも学校という場所から逃げられず、
寂しくて悲しくて悔しくて、どうして自分はこんな事してるんだろうと、
自分で自分を責めた日々に耐えた事、耐える事ができた昔の自分を、
今は褒めてあげたいです。

緘黙児は本当に苦しい精神状態の中で戦っているのです。
今でも、思い出すだけで身震いがするほど怖いです。
あの頃の自分にはもう戻りたくないです。

ひたすら、家が恋しかった子供時代。
その精神状態というのは、今でも残っていて、
やっぱり私は家という自分を一番守ってくれる安心できる場所が大好きです。

外に出る事は、そもそも怖い、そんな気持ちが今もあります。
でもそれでは生活できないから、何とか抑えて、何かに頼って、
一人で泣いたり、友達に相談したりしながら、何とか何とか生活しています。
でも緘黙の頃の苦しみとは違い、辛いながらも楽(らく)です。

楽、って楽しいって書くんですよね。
決して楽しい、とは思えないけど、
あの頃の苦しさと比べれば、楽しく暮らしているのかもしれません。

苦しく、先が見えなくなれば、
いつも緘黙の頃を思い出して、昔の自分に勇気をもらっています。
それが辛い時間を耐えた私が、私に出来る事だと思います。

まとまりのない記事になりましたが、今日はこの辺で。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。