スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去

Category : 

先日、知人たちと会った時のこと。
みなさん、自分の過去を楽しそうに話します。
恋愛話などは特に。

高校を卒業して以降、
私にはそんなに楽しい思い出もありません。

社会人になって、自分で稼いで、一応、なんでもできる歳になってから、
同僚たちと飲みに行ったり、遊んだりしたころが楽しかった…そのくらいかな。

職場の先輩には感謝してます。
私をいろんなところに連れてってあげる、と言ってくれたけど、
その先輩とは数カ月しか一緒に仕事ができなくて。

でも時間を作って私と会ってくれて、
いろんなところに連れてってくれました。

いろんなところと行っても、おもにお食事関係ですけど。
あ、観光にも一度行ったかな?
あまりにも昔の話で忘れてしまってるのかもしれません。。。

もう一人、同僚の男性は、私があまりにも頼りなげで、
危ないからか(笑)、いつも私を気にしてくれて、
一緒にバッティングセンターへ行ったり、
ファーストフードへ行ったり…してました。

今思えば、デート的な?
でもそんな関係には至らなかったです。

それ以外の思い出としては…

まず第一、あまり友達がいないから、
居酒屋とか、いわゆる夜の店(?)には慣れてなくて、
カラオケだってその頃に初めて行ったくらい、遊んでなかったのです。

若かりし頃の楽しい話に花が咲く歳になり、
また少し苦しい思いをしています。

今の私には笑って人の話に相槌を打つしかできないのです。。。

そんな気持ちを詩にしてみました。



~本当の私~

みんなの思い出話を聞いて 笑う私

人に聞いてもらうような 思い出の数も少ない
そんなに恋愛もしていない

すべてのことにおいて 人より経験が少ない
そんなことを思い知らされる

何に笑い
何に泣き
何に感動してきたのか 人に言えるほどのことはない

こんなに少ない思い出の中に生きている

さみしい気持ちを知られないように 今 笑っているのです

by野ウサギ。



みなさん、もうすぐ12月ですね。
今年もいろいろありました。

私はやっぱり一人で行動することが好きなようです。

今日、初対面の方お二人を、
車に乗せて運転することになってしまったのですが、
何も自分からは話せなかったです。

まあ、どうしても話をしなければならない相手でもなかったので、
あまり気にもしなかったのですが。

つくづく、私は一人が好きなのだ、と思ったのでした。

今年は何度か一人旅をしました。

一人で電車に乗ったりバスに乗ったり。
でも旅先には私を待っていてくれる人がいたりして、
とても楽しかったです。

あ、ってことは結局一人じゃないか(笑)
でも、気を遣わなくていい相手はたくさん欲しいのです。

そこまで至るのに道のりが長いのです。

難解な人間ですよね。。。

こんな感じですけど、来年もよろしくお願いします。
(↑まだ早いですよね…笑)



スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

~本当の私~
私の気持ちを代弁してくれたのかと思いました

もう30年も前の話ですが私も緘黙でした。
そして、この病名も最近知り、自分と同じ人が他にもいる事を知りました。
人より色々な経験が少ない分、苦労がありました。いやあります。現在進行形ですね。

やっちんさん

コメントありがとうございます。
レスが大変遅くなりまして、申し訳ありません。
個人的な事情で、日記更新できず、
ずいぶん久しぶりにログインしました。

~本当の私~を読んでいただいてありがとうございます。
緘黙について、知った事は良い事だったな、と私は思います。
仲間がいたんだ、と思う事で心強くなれました。
でも確かに、完治するものでもないと思うので、
本当に現在進行形ですね。今でも戦いだと思っています。

どうぞまたいらしてください。
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。