スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日

Category : 現在

今日は久しぶりに何の予定もない休日です。

パートで働いているのですが、
休みといっても何かしら予定が入ってて、
丸一日何もすることがない!って日が珍しいのです。

一日何もせずに過ごすのもいいのですが、
そうすると夜になって、今日は何もしなかったなあ…と
自分が嫌になったりするのです。

だからと言って、
これをやろう!!ってやりたいこともないのですが(笑)

せいぜい掃除して、
撮りためてある映画やドラマを観る位でしょうか。

まあそんな時間を過ごすのも、
何もしないよりはいいか…と思ったりします。

何を書いてるのか分からなくなってきましたが。

月曜日。
もう2月も最終週です。早いです。

子供たちは浮かない顔をして月曜日の朝を迎えました。
私も仕事が休みだけど、月曜日はやっぱり気分が沈みがちです。

なんでしょうか、こういう気持ちというのは、
緘黙とは関係なく誰にでもあるんでしょうけど、
どうしても私はそれを緘黙だったから弱いんだな…と思ってしまう傾向にあります。

あれだけ辛抱してきた生活を忘れてしまっています。
毎日の生活に緘黙の頃の辛抱強さを忘れています。

どれだけ我慢していたことか。

学校へ行くだけでもつらくて、
放課を過ごすこともつらくて、
しゃべれない自分に腹が立ち、
笑えない自分が大嫌いだった。

親や友達に、どうして?と聞かれても
自分でも分からないその現象に何も答えられなかった。

当時は(特に小学生のころ)私なんて一生しゃべれないまま生きて行くんだ、
って思っていました。しゃべれなくても生きていけるって証明してやる!
とか思ってしまう日もありました(笑)。

自分がしてた緘黙を自分で受け入れていました。
誰も理解してくれなかったから。

1人でいいんだ。。。って思ってました。

今思うと、本当に強い子だったな。
その強さを今は忘れてます。

弱いです。何でもすぐに諦めるし。逃げてます。
誰からも逃げる必要ないのに…

もう一度あの頃の自分を思い出して、
元気をもらおうと思います。

一番勇気をもらえるのは過去の私なんですね。


スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

僕の方はもうすぐ中学校の卒業式です。多分行けないと思います。来年度からは今まで緘黙状態で関わってきた人達から離れて生活することになりました。つい前までは外に出ることも儘ならないし、(学校関連の人達と出会うかもしれないんで)早く緘黙を忘れて普通に暮らしたいと思っていましたが、いざ終わるとなると物凄く寂しいです。そのおかげで強くなった?自分もいるわけですし。あ、長くなってすいません。次の更新待ってます(⌒~⌒)

HIKKAさんへ

こんにちは!コメントありがとうございます。

もうすぐ卒業なのですね。
辛かった学校も去るとなると寂しいという気持ち分かります。
4月からは変われるかもしれないですね。
緘黙の自分を知らない人たちとの生活、
上手くスタートが切れるといいですね!

過去の自分から勇気をもらうって、良い事聞いちゃいました☆ホント、そうですね。あの頃の自分は強かった。それに、今よりも色んな事を考えてたし賢かったような気が…。挫けそうな時、あの頃の自分を思い出してみようと思います。
先日、ある種の発達障害があることが判明しました。人とのコミュニケーションに苦労するのは性格のせいじゃないって言われて、ちょっとホッとしてしまいました。緘黙になった事と関係あるのか聞いてみたけど、それは「わからない」そうです。『緘黙症』自体を知らないようでした。もっと緘黙症が認知され研究され、原因や対処法が解明されてほしいな。他人から見たら「昔の事」「済んだ事」かもしれないけど、本人にとっては、それでは納得できない、まだ続いてることだから。

はるうさぎさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。

緘黙と戦っていた頃って本当に強かった。
現在戦い続けている方も強いです!

なんとか緘黙から脱出した今、些細な事で悩んで
落ち込んでる自分に過去の自分は何と言うのだろうか、
と考えたら負けていられななって思いました。

緘黙は一生背負って生きていかなければなりませんよね。
私もつくづくそう思います。
忘れているようでもふとした時に思い出すんです。
緘黙だったから自分はこうなんだ…と思って
逃げてしまう自分も嫌いです。でもどうしようもないです。

専門の医師にはもっと緘黙の事を知って、理解して欲しいです。
経験者から緘黙の叫びを伝えないとならないなって切に思います。

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。