スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙投票結果

Category :  緘黙児について

長らく設置しておりました投票も目標の100票に達しました。

投票いただいた方々、ありがとうございました。

この大事な結果をまとめておきたいと思います。
(*印は投票の際にいただいたコメントです)


第1位・・・笑えない(26票)

第2位・・・話せない(21票)

第3位・・・声が出せない(17票)      
      *もっと声が出れば!って常に思います。


第4位・・・友達ができない(14票)

第5位・・・いじめられた(12票)
      *おとなしい子には冷たい世の中だと思います。
      *友達ができないもあるけど一番はこれかな。


第6位・・・思うように動けない(4票)

第7位・・・声が震える(3票)

第8位・・・その他(3票)
      *全部当てはまる
      *緘黙症を知る大人がいなくて問題児扱いでした
      *自分の意志が伝えられない


以上です。

え~分析するってことはできません(苦笑)。

でも、コメントを読んでいると、
皆さんの痛い気持ちがすごく伝わってきました。

私も「笑えない」に1票入れました。

笑うことさえできれば、
しゃべれなくてもお友達ができるかもしれないとか、
いじめられないかもとか、
いろいろと考えていました。


毎日、学校へ行っては笑ってみようと思っていましたが、
結局中学卒業まで友達の前で笑うことはできませんでした。。。


**********


話は変わるのですが、
先日、子供の学校の個別懇談会に行ったのですが、
手洗い場にあるものがありました。


それは鏡なのですが、
子供の目線に掛けられた鏡の上部に
このような言葉が書いてありました。


”すてきな笑顔がうつっているかな”

この言葉を見て少しばかりショックでした。


もし、緘黙児がこの鏡を見てしまったら、
もう二度とこの鏡を見ることはできなくなってしまうでしょう。


だって、ただでさえ、学校の鏡にうつる自分の顔程
見たくないものはありません。


それに追い打ちをかけるようなこの言葉。


この学校に緘黙児がいないことを、
心ひそかに祈ってしまいました。



いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪


スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

野ウサギ。さん、こんにちは。
フツーの子供達はフツーにすてきな笑顔が出来るんでしょうね。

何の授業だったか忘れましたが、小6の時、教科書に能面の写真(多分、小面だったと思います)が載っていました。
それを見た男性教師が、「このクラスに能面と同じ顔をした生徒がいる。笑いもしないし、全くの無表情だ。」と言いました。
そして、クラス全員が私を凝視しました。

今、能面を検索してみたら、歯を見せて笑ってる表情なんですよね。
なんだ、あの先生。
能面のこと、全然解ってなかったんだ。
もちろん、私の気持ちもです。

とらっぴぃ~さんへ

コメントありがとうございます!

>フツーの子供達はフツーにすてきな笑顔が出来るんでしょうね。

笑顔になること、しゃべることができるのが普通ですからね。。。
誰でも、落ち込んだり悩んだりしたときに、
暗い顔の自分を鏡で見るのが嫌なように、
緘黙児は毎日が嫌なんですよね。。。

>男性教師が、「このクラスに能面と同じ顔をした生徒がいる。
>笑いもしないし、全くの無表情だ。」と言いました。

全く、ひどい先生です。
緘黙のことを分かっていなくても、
教師として言っていいことではありませんよね。
今でもそういう先生がいて一人傷ついている子供
がいるのかと思うと、胸が痛みます。。。

そういう先生、残念ですがたくさんいます。

野ウサギ。さん、ご無沙汰しています。
貴重なデータだから、当事者の方々だけでなく
たくさんの先生方にも知って欲しいですよね。
当事者のなかにはそっとしておいて欲しい人もたくさんいらっしゃるのですが、知ってもらわないことには、「笑えない」辛さは、なかなか伝わらないのも事実です。知らない先生ばかりだから、そういう傷つけるような言動が放置されたままでいいのでしょうか?
多くの教師の見解は「大人しく学校に来ているからとりあえず、問題なし」という見方が殆どのように思われます。野ウサギさんのブログはいつも
魅力的で、多くのコメントに支えられて素敵だなと思います。ますます力強く緘黙症についてのメッセージが伝わることを願っています。
残暑が厳しいですが、夏バテには気をつけてくださいね。

ゆきんこさんへ

お久しぶりです!!
もっと緘黙について理解を深めてほしいですね。
緘黙児は毎日学校に行くだけでもすごいことなんです。
そこでどうして笑えないのか話せないのかということをもっともっと理解して、
少しでも傷つけないようにしてもらいたいです。

>野ウサギさんのブログはいつも魅力的で、
>多くのコメントに支えられて素敵だなと思います

ありがとうございます!!
そう言ってもらえると、ますますがんばる野ウサギ。です。
今は子どもが夏休みなので、思うように更新できないので、お休み状態です。
ちゃんとした記事を書きたいので、
落ち着いたらもっと緘黙についてつづりたいと
思っています♪

はじめまして。
緘黙症の人は表情を作ることがたぶん苦手なのだと思います。
だから個人的には緘黙症の人の表情が暗いのは必ずしも緘黙がつらくて表情が暗いというよりは、暗い表情が標準装備されているのではないかと思っています。
学生の頃、下校途上の私を見た友人が「私の顔の暗さにびっくりした」と言ったことがあったのですが、そのときの私は学校から開放された喜びで決して暗い気分ではなかったことを憶えているのです。

中田さんへ

はじめまして!コメントありがとうございます!

中田さんは緘黙でいらしたのでしょうか・・・?
コメントからはちょっと分からなくて、
申し訳ございません。。。

緘黙といってもいろんな症状の方が見えるので、
一概にこうだ、と決めつけられないとは思いますが、
私の経験から言わせていただくと・・・

緘黙症は・・・表情を作るというより、
表情を変えることに抵抗があるんですよね。

だから笑いたくても笑えないんです。
(話したくても話せないのと同じで・・・)
笑った自分を見られることに抵抗があるんです。
みんな(学校など)の前では常に無表情でいる自分こそが自分なんです。

>暗い表情が標準装備されているのではないかと思っています。

暗い表情というか、無表情です。
感情は何もないです。暗い表情は、暗い気持ちが表れますが、緘黙症は表情に感情が出ません。というか、出せません。

なかなか、難しいのですが・・・。

私は学校から帰ってきてから、
家の鏡で自分の顔を見たりしてました。
どうしてこんなに硬い顔してるんだろうって。
暗い、悲しい、寂しい・・・と言う感じとは全然ちがうんですよ。
無表情です。顔が固まってました。

お返事ありがとうございます。

私は場面緘黙症でした。
自力で何とか話せる状態になり、自分の過去の緘黙症状のことなどすっかり忘れていた頃に「表情が暗い」と言われ、それから数年後に「どうして笑わないの?」と聞かれたことがありました。

試しに笑ってみようと思ったら笑えないんですね。
その時初めて、自分は笑うべき時に笑えないと言うか、場面に応じた表情をつくることができないことに気づきました。
反面、自分はこんなに暗い気持ちだから笑えなくても当然じゃないかとも思いました。

それから暫くして、嘘でもいいから笑顔を作ったら気分も明るくなるんじゃないか・・・と思いたち、気分とは無関係に笑顔を作る練習をしました。
笑顔を上手く作れるようになるにつれ、周囲の人の自分を見る目が優しくなることに気づきました。

だから、緘黙の人のブログなどを見ると話せなくても、笑うことが出来たら誰かに助けてもらえるかもしれないのに・・・と思うのです。

うちの子供も場面緘黙ですが、学校では声を出さずに笑顔をみせることもあるようです。

私はこの子に、視線をあわせることに慣れさせる訓練と表情を動かす練習。それから、声を出す練習を本人が気づかない形でやっています。
その成果かどうかは分かりませんが、表情が明るくなったとよくいわれます。
もちろん、相変わらず声を出すことはありませんけど。

中田さんへ

こんばんは!コメントありがとうございます。
中田さんも緘黙症でいらしたんですね。

>自分の過去の緘黙症状のことなどすっかり
>忘れていた頃に「表情が暗い」と言われ、
>それから数年後に「どうして笑わないの?」と
>聞かれたことがありました。

緘黙が治るというか・・・一応、普通に話せたり
笑ったりできるようになっても、
人から見ると表情が硬いのでしょうね。

私もいつも「冷めてる」って言われてました。

心の奥ではずっと緘黙を引きずらないといけないのかもしれませんね。。。
すっかり忘れていた時期、私にもありました。
でも、人とお付き合いしていく中で、どうしても
不自然な自分がいるんですよね。

>緘黙の人のブログなどを見ると話せなくても、
>笑うことが出来たら誰かに助けてもらえるかも
>しれないのに・・・と思うのです。

私もそう思います。
緘黙児の頃にもせめて笑うことさえできれば、
話すことができなくてもお友達ができるんじゃないかって
思っていました。でも結局ずっと笑えないままでしたが。。。

>うちの子供も場面緘黙ですが、学校では声を
>出さずに笑顔をみせることもあるようです。

中田さんのお子様も緘黙症なのですね・・・。
学校で笑顔を出せるだけでも素晴らしいと
思います。私の小学生の頃にも、たまに笑顔を
見せるだけで話せない緘黙の男の子がいました。
笑えるだけ羨ましいとずっと思っていました。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投票

投票投票(とうひょう)とは、ある集団での各成員の意思表示を行うための方法の一つである。集団内の意思が統一されない場合、多数決によって物事を決定することが多い。そのようなときに行う。あるいは意思の分布を調べるために行う。挙手によって行う方
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。