スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと友達だと思ってた・・・2

Category : 友達

前回の続きを忘れないうちにUPします~(苦笑)。


私も結婚して、専門学校時代の友人も結婚して
お互い子どももいて、何かと忙しい時期に
私はHちゃんに一通のハガキを送りました。





”〇〇資格を取ったから、これからその資格を活かして
仕事を始めるよ~”って感じで、
いつも送るのと同じようなハガキでお知らせしました。


しばらくしてから彼女から返事が来ました。


”すごいね、頑張ってね”


という反応でした。


私は別に仕事を始めても今まで通り彼女と連絡を取り合って、
会って遊んだり出来るんだろうと思っていました。


**********


そのハガキを境に、彼女からの連絡が
途切れ途切れになってきました。


確か、その年の年賀状は来ました。


次の暑中お見舞いがなくなりました。


また年賀状は届きました。
メッセージはありませんでした。
いつもなら一言メッセージを書いてくれるけど、
何も書かれていない、子どもの写真だけの年賀状でした。


Hちゃんにはお姉さんがいたのですが、
私も何度かお姉さんとは会って話したりしていたので、
Hちゃんと同じように年賀状だけは送ってくれていました。


ついに次の年にはHちゃんからの
年賀状が届きませんでした。


お姉さんからの年賀状は届きました。


私はHちゃんにも出しました。


Hちゃんからは年明けに届きました。
昨年と同じ、写真だけの年賀状でした。


そして・・・もう年賀状はHちゃんからも
Hちゃんのお姉さんからも届かなくなりました。


寂しかったですね・・・さすがに。。。


その間にメールも送りました。
でも返事はありませんでした。


どうしたんだろうか・・・
私の仕事がいけなかったのか・・・


心当たりはそれしかありませんから。


でも電話して聞くわけにもいかないし、
かなりの期間悩んでいましたが、私は思い切って
ハガキを書くことにしました。


”忙しいですか?また会って話したいですね”
みたいな感じだったかな。。。


彼女からの返事はしばらくしてから届きました。


いつものカワイイハガキにいつもの字で


”〇〇の仕事を始めたと聞いて、
ちょっと住む世界が違うのかなと思った”


”メール届いていたのは知っていたけど
返事出さなくてごめんね”


”年賀状も届いたら出そうと思ってた”


”みんな元気です”


・・・・・また会おうねという言葉はなかった。


すごく寂しいハガキでした。


そんな彼女からの最後のハガキを
私はつい先日まで大事に取っていました。


ふと、部屋の片付けをしていたら出てきたのです。


これがHちゃんからの最後のハガキなんだ・・・と思うと
悲しかったです。


もう彼女とは会うことも無いんだろうな。


そう思って・・・破って捨てました・・・。


彼女との数年間の友情は思い出だけに変わりました。


専門学校時代に2人で過ごした時間は楽しかった。


Hちゃんと仲良しだった頃、彼女は私に言った。


「おばあちゃんになってもお買い物に一緒に行きたい」


「温泉とかも行きたいね~」


私はそんな未来が必ず訪れると思っていたけど・・・・・・


甘かったな・・・苦笑。




終わり


**********


ここまで書いて、私ってかなりしつこい人間でしょうか?
と思ったりしている・・・笑。


友達って何?


仕事がどうとか思うってことは、
本当の私を見てくれていなかったってことなんだろうね。


何していても友達は友達だと思うから。


きっと学生時代なら毎日近くに居て、ケンカもして、
意地悪もしてみたり、仲直りして、時には助け合ったり、
悩みを聞いたり、聞いてもらったりできるんだろうな。


それが学校を卒業してしまうと、できない。


でも学校で育んだ友情も結構もろい物かもしれない。


その場だけ、友達がいればいいって
思っている子って多いんじゃないかな?


本当に続いていく友情ってなんだろう。


嬉しい事も悲しい事も辛い事も共有していくってこと?


一緒に笑って一緒に泣けないとだめなのかな。


会わなくても、会えなくても、
お互いの事を心配し、
たまに会えたときには、思いっきり話して笑って遊んで。


そんなものかな・・・。
とりあえず、そんなものだね・・・。




いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

こんにちは~。

友達。

私も友達ってなに?って何度も考えたことあります。
色々考えたけれど、この歳になって思ったこと、わかったことは、
友達ってその時々で変わるんだってことでした。

その時は、こういう関係が一生続くような気がしていたけれど、
数年後にはどうなっているのかわからない。
その時、自分にとって必要な人がその時に友達になるんだろうなって
今は考えています。

そんな考え方、正直寂しいなって思うのだけれど、
私が現実に経験したことは、そういうことだったように思います。

私が先日読んだ江原啓之さんの本を読んで、さらにそう感じました。
本の中にこういう一文があります。

「【別れ】 別れにこだわってはいけません。
あなたがその出会いによってどれだけ感動できたかが大切です。
例え別れても感動がたくさんあったなら、最高の出会いだったと言えるでしょう」

きっと、野ウサギ。さんとHちゃんとの出会いも最高の出会いだったのではと思います。

私もこの頃、友達について考えていたところだったので、
思わず長文でコメントしてしまいました。
またぶらっと伺いますね♪

るいさんへ

コメントありがとう~♪

江原さんの言葉ってやっぱり胸に響きますね・・・。
確かにそうですよね、出会って感動できたなら、
それだけで満足できる事なのかもしれません。。。
でも、感情が邪魔してそう思うようには
納得できないですが・・・苦笑。

それぞれの生活が変われば求める友達も
変わるのかもしれませんよね。
無理して友達でいるより、
すっきり交流を絶ったほうが気持ちいいのかもしれません。
別の出会いがあればそれはそれでうれしい事ですものね。

前向きに考えないとダメですね(苦笑)。
非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。