スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと友達だと思ってた・・・

Category : 友達

ずいぶんと以前に書いた記事に
Hちゃんという子が出てきました。


Hちゃんとは、短大を出てから1年間通った
専門学校で知り合った1つ年下の女の子でした。


その子は、私とは正反対の性格でしたが、
何でだか私とは気が合って、
学校の帰りによく一緒に買い物をしたりしていました。


Hちゃんは私の事を
年上なので「お姉ちゃん」と呼びました。


過去にそんな風に呼んでくれる友達はいなかったので
とても嬉しかったのを覚えています。


高校ですっかり緘黙も克服していた私。


短大で少し緘黙に似た症状が出る時もあったけど、
学校という場所では一応しゃべれたし、笑えたので、
専門学校時代には、過去に緘黙だったことを
忘れていた時期でもありました。


でもやっぱり自分には自信が持てなかったのですが、
Hちゃんにたくさんの自信と勇気をもらいました。


Hちゃんはとにかく明るくて
私のような人間とは正反対のタイプだから、
会ってすぐに友達にはなれないだろうな・・・と
思っていました。


でも彼女の方から「お姉ちゃん」と呼んでくれたこともあって、
私達はいつも2人で行動するようになりました。


最後の頃は、専門学校には勉強をしに行くより
Hちゃんに会いに行くという感じでした。


1年間の専門学校生活だったので、
Hちゃんと過ごす毎日もあっという間に過ぎていきました。


学校を出てからすぐに就職した彼女。
私はとりあえず、
実家のお店の手伝いをしていた頃です。


それでもよくお手紙やハガキを送ってくれたりしたので、
私もそれに応えて返事を送ったりしていました。


お互いの誕生日にはプレゼントを贈りました。


それから数年後、私は結婚する事になりました。


もちろんHちゃんもとても喜んでくれました。


当時、私は高校や短大時代の同級生よりも
Hちゃんと会うことの方が多くて、
結婚式の披露宴で、友人代表として彼女に
スピーチを頼んだほどでした。


それほど、私はHちゃんの事を親友だと思っていました。


私が結婚してからも、
私はたまにHちゃんと会ってショッピングをしたり、
一度だけですが、我が家へお泊りに来てくれたこともありました。


Hちゃんも数年後に結婚しました。
私も新婚さんの家に何度かお邪魔した事もありました。


子どもが生まれてからも数回会っていました。


そんな中でもずっとお手紙のやりとりは続いていました。


結婚する事になったんだよ、とか
赤ちゃんできたよ、とか
また遊びに来てね、とか
また遊びに行くね・・・・・・とか。。。


彼女も赤ちゃんが生まれてから忙しくしていたのでしょう。
そんな手紙も段々と少なくなってきました。


でも年賀状や暑中お見舞いだけは欠かさずに
送ってくれる子だったので、
私も必ず送っていました。


2人目が出来たよ、とか、
マンション買ったよ、とか、
お手紙からはいつも幸せそうな香りがしてきました。


なかなか会える時間もなくなってきて、
少し距離が出来たかなあ・・・という頃、


私はある国家資格を取得して、
その資格を利用して仕事を始めたよ、と
手紙を送りました。


その手紙をきっかけに
私達の友情が崩れていきました・・・・・・。


・・・・・・・・・続く。



**********


ちょっと長くなりそうなので、
久しぶりに続きにしました。


今回の話は直接「緘黙」には関係のないことかもしれません。


友情・・・友達って?何?と
思ってしまうような出来事です。





いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

またまた思わせぶりな続きですね~

私も私の10代の頃からの旧友も、未だに独身のまま(もう手遅れ?)資格取得のセミナーやら、試験やらに時間とお金を費やしています。住民税が上がったりして家計も結構苦しいです。友達って何でしょう?裏切ったり、裏切られたりする存在?

ゆきんこさんへ

私の友人・・・もう友人とも呼べないかな・・・って
感じなんですが、高校時代の友人がまだ独身です。
彼女は仕事が忙しいようですが、家庭に縛られる事は
ないのだから、羨ましいときもあります。
いつも家族のことが第一になってしまう
母や嫁としての生活も疲れるものです。。。

この歳になって友人は1人で十分だと思います。
そう思うのはやはり家族があるからなのでしょうかね・・・。
若い頃は焦る気持ちから友人を求めていたような気がします。
自分の居場所を作るために。
非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。