スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変われるから~詩~

Category : 

みなさん、こんにちは♪

梅雨でジメジメかと思ったら、
一気に夏かってくらい暑かったりして体調崩していませんか?

私は朝起きてから、
体のエンジンがかかるのに時間が掛かっています。

眠い目をこすりながら
台所に立ち、お味噌汁を作り始めるまでが、辛いです。。。

でも、思うんですよ・・・

小学校の頃はイヤでも、
朝ごはんを食べたら学校へ行かないといけない。

それが今は学校へ行かなくてもいい。

そう思えば、朝ちょっと眠たいのがなんだ!
緘黙の小学生だった時より余程いいじゃないか!って。ね。

気分が少し詩を書きたいと言っているので、
即行で書いてみました。

どうぞ





ここに載せていた詩は下記へ移動しました。


ポエムエポ


**********

ふと思い出した小学生の頃の記憶にこんな事がありました。

本当はいけない事なので、真似しないで下さいね(笑)。

私は・・・もう時効ということでどうぞお許し下さい。(≧▼≦;)

*

緘黙児の私でしたが、
確か5、6年生の頃だったと思うのですが、
仲良くしてくれる子が3~4人いました。


そのうちの2人くらいが下校の道が途中まで私と同じで、
一緒に歩いて帰ることがありました。


一緒に帰る道すがらに何本も電柱が立っているのですが、
ある日、1人が鉛筆で電柱に何かを書き始めたのです。


歩けば歩くほど、
次の電柱が現れます。


私達はランドセルから鉛筆を取り出し、
揃って何かを書いては歩いていきました。


何を書いたのかは覚えていませんが、
まあ、大したことじゃないんだろうけど、
何かを書いては満足していました。


それは・・・なんだろうな、
紙じゃない物に字を書く面白さとか、
ばれたら怒られるであろうことをしているスリル感とかを
感じていたのかもしれませんね。


電柱に鉛筆で字を書くときの感覚は
結構気持ちのいいものでした。


かすれた音を立てて、
鉛筆の芯は大量に電柱に吸い取られていくのです。


紙に書くよりも濃い色で字が面白いように書けるのです。


そんな感覚を楽しみながら書いていた覚えがあります。


時に、今度は書いた字を消しゴムで消す日もありました。


思うようには消えなかったのですが、
なんか、消す作業も楽しかった覚えがあります。


緘黙児の私は、
友達と同じことをして遊んでいると
思うだけでも嬉しかったです。


まさか電柱に字が書いてあるなんて誰も気がつきませんよね。


もしかしたらあなたの近くの電柱にも
誰かが落書きしているかもしれません。


いつも黙ってそこにあるものに
目を向けてみてください。


何かが聞こえてくるかもしれません。


**********

皆さん、投票ありがとうございます。
もうすぐ100票になりそうなので、
100票いただけるまで続けていようと思っているのですが・・・。


なかなか・・・


**********


いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

いいですね。即行で書いたとは思えません。
思わず拍手しました。v-425

ははさんへ

コメントありがとうございますe-2
そして拍手いただきありがとうございます~♪

カテゴリーに「詩」を追加しました。
少しずつ増やしていく予定ですので、
お時間のあるときに覗いてやってくださいm(._.)m

遠い昔、道路か駐車場か、どこかアスファルトにチョークで落書きをしたことがあります。懐かしい子ども時代を思い出しました。v-290

私も、自分は一生まともに人と話せないものと思い込んでいたのに、変わってしまいました。その経験からか、「人って、案外変わるものだよ」と時々人に話しています。

リナ♪ちゃんの一言日記、たまに読んでいます。「2007-06-29 きのう 1人もかまってくれなかったよ、 おしまい」でした。(^_^;

野ウサギ。さん、こんばんは。
すてきな詩ですね。
私も子供の頃、道路にチョークで落書きしてました。
そういう思い出も大切ですね。

サイドバーのストレッチのすすめ、読みましたよ。
すごくいいことだと思います。
緘黙の子供達には、心も体も伸び伸びさせる時間が必要ですよね。(^_^)b

富重さんへ

>どこかアスファルトにチョークで
>落書きをしたことがあります。
>懐かしい子ども時代を思い出しました。

やっぱり富重さんもやりましたか!
私もよく落書きしました。
案山子書いて、ケンケンパッってやって遊んでいました。
書ける石を探したりもしましたね。懐かしいです。

>「人って、案外変わるものだよ」と時々人に話しています。

緘黙児については、
しゃべれない→しゃべれる、と表面的にも変化するから、
本当に変わったね~となりますよね。
だからなかなか変われない!ってのもある。。。

一般に言う「変われるかな?変わりたい」というのは
心の問題で、もしかしたら他人には分からないかも
しれない。気がついたときに「あなた変わったね」と
いう感じでしょうかね。

どっちにしても変わるってことは
勇気が必要ですね。。。

>リナ♪ちゃんの一言日記、たまに読んでいます。

小さいところクリックしてくれてありがとう♪
寂しかったんですね(笑)。

確かに、最近全然かまってあげていませんでした!
ごめんね~リナ♪ちゃん!

とらっぴぃ~さんへ

こんにちは~♪

>すてきな詩ですね。
>私も子供の頃、道路にチョークで落書きしてました。
>そういう思い出も大切ですね。

とらっぴぃ~さんも書いてましたかっ!
皆さん同じ経験がおありなんですね~。

うちの子どもたちにも書かせてやった事があります。
うちの駐車場がコンクリなのでそこへ書いてもいいよと。
それはやっぱり自分が小さい頃にやって楽しかった思いを
味わわせてあげたかったからです。

>緘黙の子供達には、心も体も伸び伸びさ
>せる時間が必要ですよね。(^_^)b

ヨガ教室へ行ったときにインストラクターさんが
自分自身を見つめましょう。周りを気にする事はありません。
同じように出来なくても、自分の体を感じましょうと
言われました。
ヨガをやりに行ってるのに、
その一言で涙がジワッと出てしまいました。

体がほぐれると心もやさしくなるのって不思議ですよね。
緘黙児は、一日中緊張してるのですから、
少しでもほぐしてあげる事ができればいいな・・・と思います。
非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。