スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストで100点。

Category : 小学校

小学校何年生の頃か忘れたけど、
私は1度だけ理科のテストで100点を取った事があった。


私はあまり勉強をしない子だった(笑)。
宿題も忘れていくことが多かった。


家に帰ってから学校の物に触れたくなかったのかも知れない。
ランドセルを開けたくないって感じかな・・・。


学校へ行ってから、宿題を忘れていた事に
気がついて、ドキドキして焦って、先生に怒られる。


よくそんな事があった。


そんな中での100点だった。


自分ではそのテストが出来たとか
100点かも知れないとか
そんな事考えていなかった。


点数のことなんて気にした事などなかった。


だから100点取ったからといって
全然嬉しいという感情は無かった。


だからという訳ではないけど、
もちろん緘黙児だから笑いもしない。


つまり100点取ったのに喜ばなかったのだ。


その様子が当時の担任には驚きだったようで
母親に言ったらしい。


「100点取ったのに笑わなかった」ってね。


うちの母親は私が学校でしゃべらないって事は知っていたけど、
笑わないって事に関してはあまり理解できなかったみたい。


そう学校から聞いた母は私に言った。
「いい点取ったのに嬉しくなかったの?笑わなかったって言ってた。」と。


正直言って嬉しいとも思わなかったけど
普通の子なら嬉しがるんだろうね。


私は嬉しくなかったから笑わなかったのではなく、
元々何が起こっても学校では笑わないから
母親の質問に答えようがなかった。


とにかく何が起ころうともしゃべらない笑わない。


強く心に決めていた。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

「何が起ころうとも、しゃべらない。笑わない。」
物凄い意思の固さですね。
100点はやっぱり嬉しいですよ。殆どの子どもはね。
理科で100点もすごいです!
じゃあ、点数に価値はなかった野うさぎさんにとってどうしたら嬉しかったんだろう?
0点でも「お前、また0点なの?しょうがないなあ~ハハハ」なんて方が、
学校の居心地は花丸だったのかも知れないですね。

「家に帰ってから学校の物に触れたくなかったのかも知れない。」
「何が起ころうとも、しゃべらない。笑わない。」

よほど学校が嫌いだったんですね。
感情まで緘になっているというか…。
感情が緘だから、話さなくなってしまうのかな?
とにかく、並々ならぬ感情と意思の固さを感じます。

ちなみに、私も喋らないだけでなく、笑わない子供でした。
高校や大学に合格したとき(and 落ちたとき)も無表情で、
周りには理解されませんでした。
野ウサギ。さんのお気持ち、分かるような気がします。

ゆきんこさんへ

本当に頑固でしたね。
特に高学年になるにつれて学校ではしゃべるもんかって思ってた(笑)。

勉強なんてどうでもよかった。テストの点数がどうこうって感覚が全く無かったんだよね。
100点取ったときにクラスの注目の的だった瞬間は固まってた。
なんでそんなに騒ぐの~って感じよ。皆の視線を浴びるのが嫌だったな。
ひたすら、私に関心を寄せないでって思ってた。

富氏さんへ

小学校・中学校は大嫌いでした。
でも未だに持ってる物があるのよ~それはランドセル!大事に箱に入れてしまってある。
中には小学校を卒業する時に、自分で入れた当時の思い出の数々。
数年前、実家から持ってきたのよ。
あれほど嫌いだったのにどうしても捨てる事の出来なかったのがランドセル。
辛い思い出がいっぱい詰ってるんだけど捨てる事は出来ない。複雑な気持ちです。
実家から持ってきてから1度もランドセルの中は見てません、っていうか見れません。
怖くてね。何を入れたのか覚えてないけど。でもいつかは開けて見たいとは思ってます。
笑えないって喋れないより辛くないですか~?
私は喋れなくてもいいから笑う事ができたら・・・とずっと思ってました。。。

また思い出しました

私も宿題忘れの常習犯でしたよ。で、何故かランドセルに給食の揚げパンを入れっ放しにしててカビ生やしました…。何故そんなことになったのか今となってはわからないけど、野ウサギさんと同じ理由だったのかなぁと、ちょっと思いました。
遡って拝見してます。これからも、激しく同感した時にコメントさせて頂くかもです。

はるうさぎさんへ

コメントありがとうございます!!

私も持ち帰ったパンをランドセルに入れっぱなしにしてて、
カチカチにさせたりしていました(笑)。
どうしてでしょうね…ただ出すのが面倒だっただけじゃないような。
やはり学校のモノに触れるのがいやだったのか。。。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。