スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての職場~面接編その2~

Category : 社会人

その神社は私の住んでいる所から、
電車で10分程の所にあった。


でも、駅を下りれば大通りがあり、
かなりの「街」だった。


そこから歩いて10分くらい。


車がよく通る通りから1本入れば、
古い家屋が立ち並び、とても落ち着いた空間が広がっていた。
神社はその空間の奥、
静かな杜の中にあった。


かなり高い位置にあるようで、
息が切れるほどの階段を上がらなければならなかった。


階段を上り終えると、境内が見えた。


広い駐車場が広がり、
その奥に思ったより小さい社が見えた。


私はとにかく神社に入らなければならない。


その時のドキドキは心臓が痛いくらいだったかもしれない。


進むしかない・・・。


頑張って神社の社務所まで行った。


        *


お札などを授与している窓の中には、
一人の若い女性がいた。
(私よりは少し年上か・・・)


近づくと窓を開けてくれた。


彼女は、
胸から上しか見えないほどの高さの窓から
私を見下ろすようにして立った。


「すみません。野ウサギ。と申しますが、面接に参りました」
(なんて言ったかどうかわからないけど、そんな内容だった。)


彼女はすっかり承知していたように、
「はい、どうぞ」


と私を中に通してくれた。


彼女は巫女の格好をしていなかった。


まさにそれは作業着だった。


白い上っ張りに白いズボン。


社務所の中は広かった。


玄関を入ると正面に大広間が広がっていた。
とてもキレイに掃除されていた。


私は大広間の向かいにある小さな部屋に通された。


そこは一見洋室だが、床の間があった。


畳の上にじゅうたんを敷いて、
その上にテーブルとソファを置いて
すっかり洋室になっていた。


慣れない空間で私はドキドキしながら待っていた。


しばらくすると、先ほどの彼女がお茶を運んできた。


「もうしばらくお待ち下さい」


と言い彼女は出て行った。


私はその丁寧さに驚いた。


襖の開け方、お茶の出し方、襖の閉め方・・・。


全て一連の動きがとても慣れていて自然だった。


キレイだった。


今まで私がやった事の無いような動きだった。


        *


しばらくすると一人の男性が入ってきた。


その男性はスーツを着ていた。


何やら書類ファイルを持っていて、
いかにも今から面接します、という感じだった。


私はまず履歴書を渡した。


聞かれたのは
「パソコンはできますか?」
くらいだったような気がする。


それから業務内容を聞いた。


まあ、全く知らない世界だから、
聞いて想像するしかなかったけど、
土日のお休みは少ないだろうという事だけは納得したし、
それでも良いです、と答えたと思う。


後は、私の経歴を見て
「動物が好きなの?」とか
「どうしてトリマーの仕事に就かなかったの?」とか
ほぼ雑談に近いような雰囲気で進んだ。


何を聞かれても私は正直に答えた。


隠しても仕方ないと思っていた。


        *


そろそろ面接も終わるだろうという時間が過ぎた。


するとその男性は
「では、採用にしますので、いつから来られますか?」
と言った。


私は驚いて、
たぶん
「いいんですか?」
なんて聞いていたように思う。


何となくしか覚えていないけど、
男性も冗談半分で、
「イヤだったら仕方ないなあ(笑)」
なんて言ったような気がする。


そして、
私は最初に勤める日を決めて、神社を後にした。



~面接編終わり~


次は、お仕事編に進もうと思います。





いつもクリックありがとうございます。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

こんにちは~。

神社でのお仕事って、想像が付かないだけに興味津々です。
私もどちらかというとOLっていう感じより、
特殊な職業の方が気になるかな~。

続き、ドキドキしながら待ちたいと思います。

面接って いやですよね

1年ぐらい前 数回 面接しました。
どこも 和気藹々と 話して いい感じだったのに
来るのは 不採用通知ばかり・・(笑)
何回も めげて  立ち直り 頑張ってると
そのうち 今の所に 採用されました。

やっぱり 結婚と一緒で 仕事も 縁ですよね。
赤い糸で つながってるというか・・・
運命で 決まってるというか・・・

さて これから どうなるのでしょう わくわく (*^_^*)

るいさんへ

私もどんな仕事をすればいいのか、
さっぱり分からないまま、よく入ったなと
思います(笑)。

仕事内容は実に多岐に渡ります。
今後の日記に書いていきますので
どうぞお楽しみに♪

のひめさんへ

面接ってイヤです~!今でもイヤです~!

不採用という結果をもらうと、
自分を否定されたような気がして、
すごく落ち込むんですよね。。。

>やっぱり 結婚と一緒で 仕事も 縁ですよね。
>赤い糸で つながってるというか・・・
>運命で 決まってるというか・・・

そうだと思います、絶対(笑)。
落ち込まずに縁が無いとすっぱり諦めることが大事ですよね。

私、今仕事先を探しているので、
近々面接しないといけないかも・・・って感じです。ドキドキ。

面接ってイヤですよね。
僕はいまだに苦手です。
面接とは無縁な生活になりたいですね。

神社の仕事
その場で採用ですか?
合否を待つのも怖いけど
その場で採用決定もなんか怖い気がします。

俊太さんへ

こんにちは。コメントありがとうございます♪

面接イヤですよね~。
履歴書書くのもいやだし、写真貼るのも本当はイヤ(苦笑)。

その場で採用には驚きました。
まさか・・・の展開でしたよ(笑)。
でも、嬉しかったのも事実。
私という人間を一度会っただけで
雇ってくれると決断してくれたのだから、
変な自信がつきました(!)。

後から思ったのですが、
よっぽど人手不足だったんでしょうね。
たぶん職安からもあまり連絡無かったんだと思いますよ(汗)。
非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。