スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰ると・・・

Category : 小学校

朝が来ると、今日も1日、学校へ行って黙ってるのか。。。
って思っていた。


すごく憂鬱な毎日だった。


日曜日の夕方が一番嫌いだった。
夜が来て月曜日の朝になるのが怖かった。


でも土曜日は大好きだった。
午前中で学校が終わりだからね。


土曜日になると、今日は昼までで終わりだって思って
少しは気分も楽に学校へ行けたものだった。


緘黙を続ける小学生の頃の私は、
それはそれは、毎日相当なストレスを抱えて
学校から帰って来ていた。


学校から帰ると、家にいる母親にべったりくっついていく私。


家で仕事をしてた母は忙しいから
そんな私を鬱陶しいと思っていただろうが、
それなりに相手をしてくれていた。


家に入ると、学校の緊張が一気に解けて
突然おしゃべりになる。


今まで黙っていた分を取り戻すかのように
しゃべり出すのだ。


自分でもこれほどしゃべらなくても
いいじゃないかって思うくらいしゃべっていた。


ひとしきりしゃべると、スッとして
私は自分の部屋へ行く。


私には家の近くに一つ年下の女の子と一つ年上の
女の子の友達がいた。


何歳の頃かよく覚えていないけど
その子たちとはよく遊んでいた。


もちろん、普通の子供のようにね。


しゃべりもするし、笑いもする。


年上の子とはピンクレディーの真似して
一緒に踊ったりしてた。(歳がばれるね・・・笑)


でも、その子って同じ学校に通っていたのか・・・?


家が近いし、今思い出しても同じ学区だったし
絶対同じ学校に通っていたはずなんだけど、
よく覚えていない・・・。


特に一つ上の子に関しては、
絶対小学校は同じだったけど、
学校で会った覚えが無い。


通っていた小学校はマンモス校で
生徒数もすごい数だったから、会う事もなかったのか?


それとも、私が避けていたのかもしれない。


一つ年下の子のことはよく覚えている。


同じ通学団だったの。


私が学校でしゃべらないって事、
彼女は入学してくるまで知らなかったんだよね。


彼女が入ってきたからと言って
いきなり緘黙やめられるはずはない。


段々彼女を避けるようになって。。。


そのうち彼女は転校して行った・・・。


たくさん遊んだ記憶はあるんだけど、
学校が絡んでくると、全く記憶がない。


不思議だ。そして、悲しいな。。。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

こんばんわ、雨宮です。

僕の場合は学校に行く事自体は憂鬱じゃなかったんだけど
とりあえず早く帰りたいって感じだったかなー。(うる覚え

喋らないくせに学校に嫌なイメージは無かったような気がする。(うる覚え

家に帰ると取り戻すかのように喋るっていう気持ちは同じですね。

俺は今でも思っています。
喋らなかった幼少時代、喋る相手を失った現在。

全て取り戻すくらい喋りたい欲求にかられています。

雨宮さんへ

こんにちは。コメントありがとう♪

雨宮さんは学校へ行く事があまり苦痛じゃなかったんだね。
私は大っ嫌いだったのよ(笑)。
だから1日家に居られる大人がうらやましくて、早く大人になりたかった。
そんな事をよく母親に訴えていた記憶があるわ・・・。

私は今でも外より家の中のほうがおしゃべり。外じゃ大人しい人だもん(爆)。
多かれ少なかれ誰でも言いたい事は言えずに我慢している部分はあるだろうけど、
それよりもっと抑えているって感じ。
そんな私でも来年は子ども会の会長をやる事になっちゃって。。。
元緘黙児がやるような役じゃないよね(笑)。
でもこういう役をやる事で、きっと何か得られるものがあると思うのでそのことも日記
に書いてみたいなと思ってます。

はじめまして。ゆきんこです。
わたしのブログも見に来てくださってたのですね。
自分の状態は、自分でもよくわからなくて、
もう大人になった時間の方が長いから・・・
わたしの場合、今日は、やや「緘黙モードでしたね。」
7年前、言語障害を専攻してたものですから、吃音のセルフ・ヘルプなんかも
出かけましたが、緘黙って専門家の間でもホントに深刻に取り沙汰されませんよね。
どうしてだろう??
また、遊びに来てもいいですか?
元、緘黙児同士のしゃべり場ってどうかしら?
わたしは、保育士だったんですが、
一昨年のクラスに緘黙の女の子がいたのですよ。
彼女は、黙ってお片づけしてて、担当の自閉症のKちゃんにも
優しくしてくれたし、男の子には人気あるんだよね。
黙ってそこにいる緘黙ちゃんって、
不思議な存在感あって、わたしははにかんでいた彼女が大好きでした。

ゆきんこさんへ

ゆきんこさん、、ご訪問&コメントありがとう♪
私も何となく緘黙モードの時があるのよ。
一瞬にしてプチ緘黙状態になったりする(笑)。
そんな時は気分も乗らないし表情も暗くなったりするなあ。
緘黙児はただしゃべらないだけで人と接する事は可能だもんね。
私の場合は笑えない子でもあったので、全然可愛く無かったです(笑)。
どうぞ、これからも遊びにいらして下さい☆
元緘黙同士で楽しめる場になると嬉しいです。
もちろん、現在緘黙の方も歓迎ですよ~。
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。