スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶ができないとダメですか?

Category : 現在

先日、この地方の子供たちの作った作品を集めた
作品展がありました。


我が子の学校からも全学年が一人一つの作品を
作ったので、全員の作品が展示されています。


その作品展を見に行きました。


ここで、ちょっと我が子の事を・・・。


今までシークレットにしていた・・・
つもりではありませんが(苦笑)、実は我が子は二人います。


二人の我が子は、有難い事に場面緘黙ではありません。


上の子(男)は泣き虫ですが、
学校ではしっかり者で通っているようです(!)。


笑顔がステキだと言われた子は上の子です。


下の子(女)は少し恥ずかしがりやだけど、
私から見ればごくごく普通の子供です。


今度の学芸会では数人いる主役級の役も
もらっているくらいです。


でも、ちょっと人見知りがあるので、
慣れない人に対しては、少し尻込みしてしまいます。


        *


さて、作品展の話に入ります。


自分の作品を見るのも束の間。


早速行った作品展のコーナーに
手作りで小物を作れる所がありました。


我が子(女)は工作が大好きなので、
それが目的で行ったようなものです。


それについてきた我が子(男)。


揃って作品の材料をもらいに行った時。


係りのお兄さんが
「こんにちは!」と、子供の顔をマジマジと覗き込んで
言うのです。


我が子(男)は体育会系のノリで
「ちわ~っ!」「ありがとうございますっ!」
と難なくクリアしたのですが・・・


我が子(女)は初対面の人に、
顔を見つめられてドキッとしてしまい、
言葉が出ませんでした。


でもそのお兄さんは、
挨拶が出来ないと材料を渡さない、
ような指示でも受けているかのように、
我が子(女)が発声しないので、材料を渡してくれません。


何度かお兄さんに「こんにちは!」を繰り返され
何とか「こんにちは」と言う事が出来ました。


そして、受け取ったら受け取ったで
恥ずかしくて何も言わない(言えない)我が子(女)に対して、
「ありがとうございました(は)?」と言うので
再び小さい声で「ありがとうございました」と言いました。


何とか材料をもらった我が子(女)でしたが、
楽しい気持ちもぶっ飛び、一瞬にして暗~い気持ちに
なってしまったようでした。


        *


そこまでする必要があるでしょうか。


他の子の様子も見ていたけど、
モジモジしてしまう子も多くいました。


        *


私は緘黙だったから、
(たとえ緘黙でなくても)言葉が思うように出ない
子供の気持ちはとてもよく理解できます。


挨拶はできればいいに決まっています。
大きな声で挨拶できればどんなにいいか。


そんな事は本人が一番よく知ってます。


それを無理強いして言わせるという事は
子供の心を傷つけるだけのように感じます。


実際、私は、ケロッとしている我が子(男)を横目に、
発声できない我が子(女)の後ろでドキドキしていました。


もし子供の頃の自分だったら、
何も言えないだろうな・・・って
思って見てました。


小さい声でも言えたなんて
すごいじゃないって思った。


        *


まず、そこに来た事を評価して欲しい。


「よく来てくれたね」の一言があり難い。


何かを作る事の喜びを感じるには、
潤った心が必要だから。


最初から、子供の意欲を失うようなことは
しないで欲しいと思った。


心が痛くなった休日でした。






いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

いろいろであることの・・

はじめまして、あおぞらといいます。ランキングから来ました。
記事拝見しました。
どうしてこの国は多様性をもっと大切にしないのでしょうか。いろいろであること、人はそれぞれ多様であり、その多様性を尊重してこそ、真の大人の社会というものになると感じます。

きょうは、ここで

きょうは、ここで展示された。
野ウサギ。と展示しなかった?

あおぞらさんへ

初めまして!コメントありがとうございますe-69

社会で生きていく上では守らなければならないルールがあって、それは守るべきだと思います。本来なら、ルールを守った上で個性が尊重されるものだと思います。
だだ、ルールを守るのが難しい人(身勝手でルールを守らない人は別)などは、社会の中で生きていくのがとてもしんどいし、うまく枠の中に入れない人もいると思います。人が人として認め合い、活動していける場所が増えればいいなと思います。

子供の社会にもルールは当然あって、頭では分かっていてもそれが出来ない子に対してはもっと理解して欲しいところです。やれるのにやらない訳ではなく、やろうと思ってもやれないのだから。。。

う~ん 少し 耳が痛いです

私は 緘黙児でも 挨拶ぐらいはしてほしいと思う人ですから 耳が 痛いかな?(笑)
もちろん 声出さなくて 頭 下げるとかで・・・
長女は この頃 自主的に 頭を下げられるようになりました。
いい事か 悪いことかは わからないけど~
もしかしたら 親のエゴかもしれません・・・

保育所の警備のおじちゃんが このタイプの人なんです。
挨拶を強要する態度の人。
帰る時 にらむように 『さよなら!』って 三女に言います。
三女が 小さな声で さよならって 言うまで 何度でも・・・
それが 最初は いやでした。
でも この頃 慣れたかな? あぁ この人 こういう人なんだ~って。
きっと 理解できないんだと思いますよ この手の人は・・・(*^_^*)

挨拶に限らず そういう考えの人いるよね。
確かに理屈で考えればそのとおりなんだけど・・・
できない人がいるというのを理解できないで
自分が簡単にできるんだからできて当然
できないのはわがままだ。
そういう考えの人に理解してもらういい方法があればいいんですけど。

のひめさんへ

こんにちは。コメントありがとうございますv-353返信が遅くなってスミマセンe-263

>私は 緘黙児でも 挨拶ぐらいはして
>ほしいと思う人ですから 
>耳が 痛いかな?(笑)
>もちろん 声出さなくて 頭 下げるとかで・・・

そうですよね。挨拶できればいいに決まっていますから。

私が子供の頃だったら、口をつぐんで動く事も出来なくなってしまう一瞬だったろうなと、思ってしまったので。。。緘黙児にもいろいろだと思いますが、その場で頭下げたりできる子ならまだいいと思います。体も思うように動かなくなる子もいると思いますから、簡単な動きですら自分の気持ちを表現できない子もいるんです。。。

>保育所の警備のおじちゃんが このタイプの人なんです。
>挨拶を強要する態度の人。

このおじちゃん、緘黙児にとっては強敵です。私の小学校の頃の緑のおばさん(交差点とかに立っている)が、結構私に挨拶を強要してきたような覚えがあります。だから、帰り道、緑のおばさんがいる交差点を渡るのがすごく嫌だった覚えがあります。。。

少しずつ慣れればいいのですが。私にとっては無理でした。緑のおばさんは6年間ストレスとなってましたねぇ。。。

俊太さんへ

こんにちは♪コメントありがとうございますe-267返信が遅くなってスミマセン。。。

>そういう考えの人に理解してもらういい
>方法があればいいんですけど。

緘黙児は普通の人に理解してもらうのも難しいですものね。。。自分の知っている事が全てじゃないと、柔軟に対応してもらえるときっと助かります。
非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。