スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緘黙の後遺症?

Category : 現在

緘黙という過去を引きずっていると、
人との関わりが上手くできない。

今でこそ、笑顔でおしゃべりも出来るけど、
不意にしゃべれない自分を思い出したりする。

いや、時には笑っているだけで
しゃべらない自分もいる。

しゃべらない方が楽だから。

余程、気の知れた人としか
気楽におしゃべりが出来ない。

よく知っている人でも
目の前にあまり知らない人がいると
突然黙ってしまう時もある。

別に今さらたくさん友人を作ろうなんて
思っていない。

心の支えになるものがいつでも傍にある。

家族の存在は大きい。

私が恋愛して結婚できる人間だなんて
思ってもいなかった。

でも今は素の自分をさらけ出せる
場所がある。

緘黙は直っても、軽い緘黙症状が出るときもある。

自分が嫌になる。

忘れるために、何かに夢中になる。

そんな事の繰り返し。

人と関わる事が苦手だから
自分に自信がない。


私は元緘黙児だったなんて忘れていた頃があった。

数年前。

子供が生まれた頃かなあ。

その頃は、赤ちゃん抱えて必死だった。

過去の事を振り返る余裕も無い。

過去の辛い記憶を呼び覚ます事自体を
忘れていた。

でも、今少し余裕が出てきて
こうしてブログに綴っていると
今の自分はやっぱり緘黙を引きずって
いるんだなって思い知らされる。

知らない人と話をする時に
わずかに声が震えたり、
表情も強ばったりする。

いつも精神的に不安を抱えている


この前、仕事で大失敗した時、
電話でしか話したことのない取引先の人にどやされた。

恐ろしかった。

すぐに受話器を放り投げて
どこかへ消えてしまいたくなった。

こんな私をどこかへ連れ出さなきゃって思った。

もうパニック寸前だった。

気が狂いそうだった。

頭の中が真っ白になった。

その時思った。

よくよく考えてみると、私は元緘黙児だった。

こんな自分が仕事などして
うまく行くはずが無い。

ましてや、人と人とが関わりあうのを
避けては通れないような仕事など無理に決まっている。

それでも今も仕事は続けているけど、
明日にでも辞めたい気分でずっといる。

苦しい。

心の中にいろんな自分がいる。

苦しんでいる自分を助け出したい自分。

励まして勇気付けようと必死になってる自分。

そんな自分が嫌いな自分。

そんな自分を捨てたいと思う自分。

人の前で無理して微笑んでる自分を
何だこいつと思って見ている自分。

人の姿を視界に入れようとしない自分と、
少しでも近づきたいと思っている自分。

疲れるよ。。。
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

はじめまして

現在20代前半の会社員ですhttp://blog38.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">読めば読むほど自分が抱えていたものと全く同じ思いを綴っているので驚くと同時に安心感やら感動やらhttp://blog38.fc2.com/image/icon/i/F8A4.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">やっぱり同じ体験をした者同志しか解りえない症状ですよねhttp://blog38.fc2.com/image/icon/i/F9C7.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">他の緘黙症の方々のブログも拝見しましたがどのかたの思いにも共感でき、涙が止まりませんでしたhttp://blog38.fc2.com/image/icon/i/F9D3.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">末永く拝見させていただきたいですhttp://blog38.fc2.com/image/icon/i/F9C6.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

ゆうこさんへ

初めまして!コメントありがとうございますe-267

過去の記事にコメントを書いていただけると、
それだけでも嬉しいです。

これはだいぶ昔の記事ですね(笑)。
改めて読み返してみました。
当時は今とは別のお仕事をしていて、
失敗して、すごく落ち込んでいた時期でした。

緘黙の気持ちは当事者にしか分かりませんよね。
苦しくて辛い気持ちを共感し合える場所が
ある事を知っていただいただけでも
良かったなと思います。
同じ思いをしている人が自分以外にも
こんなにいるんだって、勇気に繋がりますよね。

また是非いらしてくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シークレットさんへ

ありがとうございます。
また遊びにいらしてくださいね♪

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。