スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団給食

Category : 短大

イヤでイヤで仕方なかった集団給食の話です。


どうしてもやらなければならない事・・・
どうしても逃げられない事・・・


馴染めないグループに混じり
ひたすら耐えてました。。。
集団給食本番の前日になった。


当然、グループだけで準備に行かなくてはならない。


しかも、その日は休日だったと思う。


講義がない・・・・・ってことは、
スクールバスが走らない。


普段、スクールバスで通っていた私は、
どうやって学校へ行けばいいのか悩んでいた。


そして、当日、どうやって行ったんだろうか・・・?
覚えていない。


スクールバスの他にも路線バスが走ってたから、
どうにかして行く事はできたのか・・・


それとも、行きだけは父親に
車で送ってもらったのかもしれない。


とにかく、憂鬱な気持ちだけを引きずりながら
学校へ行った。


いざ、到着。


当日の準備やら、手順やらを皆で見直して、
明日は頑張ろう~!って感じで終わったんだと思う。


そして、その帰り・・・。


グループで、どうやって帰る~?って話になった。


中の1人が車で来ていたので、
「皆、乗せていこうか?」
と言い出した。


他の子たちは
「いいの~?やった~!」
とか言っていた。


私は・・・・・・・
まあ、当然無反応・・・・苦笑。


すると、
「野ウサギ。さんは?」
と聞かれてしまった。


ま、まさか聞かれるとは思ってもいなかったけどね。


放っておかれると思ったから。


さすがに、かわいそうと思ってくれたのかな・・・笑。


正直言って、私は慣れない人たちからは、
一秒でも早く離れたい人なので、
一緒の車では帰りたくないなあって思ってた。


でも、そう聞かれて、どう答えたのか覚えてない。


その時、私は路線バスで帰ろうとしてたのかな・・・。


よく覚えてないけど、
何時にバスが来るのか調べてなかったから
返事に困っていたんだと思う。


すると、誰かが
「乗ってけばいいじゃん?」
と言うので、断るのも嫌われるし・・・と思い、
乗せてもらう事にしたのだった。


5人で乗る車は狭かった。


私は3人で後ろの座席に座った。


皆は何やらしゃべっていたけど、
私は特にしゃべることも無く、無口なまま、
乗せてもらっっていた。


その時のことで、よく覚えていることがある。


運転してた子が話に夢中になって、
危うく前の車に追突しそうになったのだった。


その子は突然、
「わ~止まらない止まらない~!」
とか言いながら、必死でブレーキを踏んでいた。


かなり危なかったけど、何とかぶつからずに
車は止まった。


私はその時、


イヤだ~!このメンバーと一緒に事故るなんて~!


なんて思ったのだった。


        *


これで、集団給食の嫌な思い出は終わりです。


いや~、何か中途半端ですか?


当日の話がありませんので・・・笑。。。


当日は、次にやるグループの子が手伝ってくれる
ことになってたんです。


そのグループの中には、仲良しの子がいたので、
当日は楽しかったのを覚えています。


この集団給食が終わっても、
調理実習は続きました。


短大生活、後半の私は開き直ってました。


調理実習の要領も、悪いなりに、
迷惑にならないような方法を身につけていました。


グループには最後まで馴染めなかったけど、
特に酷くいじめられる事も無く、過ぎていきました。


        *


次からは、卒業に向けて実習の話を綴ろうと思います。


卒業するには、一週間の実習をしなければなりませんでした。


教師なら、教育実習ってありますよね?
あれの栄養士版です。


実習先は3ヵ所から選べました。


病院、会社(社員食堂)、学校です。


さて、私は何処を選んで実習へ行ったのでしょうか?


次回をお楽しみに~!





いつもクリックありがとうございます。
頑張ります~♪
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
ありがとう♪  ありがとう♪
スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

コメント

>イヤだ~!このメンバーと一緒に事故るなんて~!

思わず笑ってしまいました。いや、失礼…。

短大のキャンパス、もしかすると山の中にあったのでしょうか?山の中のキャンパスは交通アクセスが悪いし、周りに何もないし(あっ、自然があるか…クマが出たり)、起伏が激しくて大変そうです。

調理実習にしても、この車のお話にしても、なじめない人たちと一緒というのは気まずかっただろうなと思います。

富氏さんへ

コメントありがとうございますv-291

いや~事故らなくて本当に良かったです(汗)。今でも、よく一緒に帰って来たなって思います。断って孤独に帰宅するってのも魅力的だったんですけどね(爆)。

>短大のキャンパス、もしかすると山の中にあったのでしょうか?

正解です。分かっちゃいましたか?さすが富氏さんですねi-229スクールバスがないと、かなり歩かなくてはなりませんね。。。一番近くのバス停までも結構かかったから・・・汗。。。

どうしても田舎田舎の方へ行ってしまう・・・もっと都会の大学に行きたかったけど、そういう所はレベルが高いから・・・涙。

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。