上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きを書きます。


友人の結婚式にてスピーチをすることになった私。

バクバクする心臓を抱えてマイクスタンドの前に立ちました。

たくさんの視線を感じる中、
私は新郎新婦の方を向き、手紙を読み始めました。

手紙は家で何度も何度も読み返していました。
それでも大勢の前で話すことには極度に緊張しました。

手紙を持つ手が震えました。
無理に作っていた笑顔はきっと引きつっていたと思います。

話す声もマイクを通して少し震えました。

でもなんとか読み終え、その手紙を新婦さんに渡しに行き、
大した失敗もなく、無事、大役を終えることができました。

自分がどうだったか、不安でした。
隣には、一緒に招かれた友人が座っていました。

終わって、腰かける時に、何か言ってたけど、
緊張していた流れで、全く覚えていませんでした。

披露宴も終わり、やっと新婦である友人と話せる時が来ました。

開口一番、彼女は「ばっちりだったよ!」と言ってくれました。

その時は本当にホッとしました。
もしかしたら極度に緊張していたあまりに、
彼女に恥をかかすような失態を演じるかもしれなかったのですから。

という感じでこの話は終わりです。

当時は、緘黙という言葉を知らなかったんです。
だから今よりも強かったかもしれませんね。

今はすぐ緘黙に逃げてしまうところがあるんですよ、実は。
どうせ…とかやっぱり…とか思ってしまうのです。

でも、どれだけ辛抱をしてきたかと考えると、
逆に勇気もわいてきたりします。

なんだか、最近はそういう気持ちで行ったり来たりしてる感じです。


また思い出話があったらUPします。

スポンサーサイト

テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児


詩の更新の休憩にちょっと思ったこと書きます。


久しぶりに過去の日記を読み返していたら、
思わず顔が赤くなりました(笑)

何書いてたんだ!?なんて思うような記事もありました。
恥ずかしながら…でも書きます!!

この日記も、数年後に読んだら、
何を書いてるんだか…と思うことでしょう。



で、過去の日記をすべてチェックした訳じゃないので、
もしかしたら同じ事を書いてる記事があるかもしれません。

でもあまり書いた記憶がないので、ちょっと書いてみます。

元緘黙児にとってはかなり思い切って挑戦した話です。
これは約6年位前の話です。


私は高校時代に緘黙を克服して、部活も楽しく過ごしていました。
とにかく高校時代は楽しい思い出しか残っていません。
(詳しくは高校時代の日記をご覧くださいませ)

そして親友とも呼べる友達ができました。
部活が一緒で、家も近くてという子です。

私が結婚してから数年後に、彼女から結婚しますという話を聞きました。
そしてその時、私は彼女に友人代表でスピーチして欲しいと頼まれたのです。

彼女は私が緘黙だったことをまるで知らない子です。

依頼された時は嬉しかったです。
彼女とは社会人になってからは数回しか会ったことなかったし、
当時、携帯電話で簡単なメールのやり取りをたまにしていただけでしたから。

大切な友達だし、断るわけにもいかず、私はOKしました。

引き受けたものの、さてどうしようどうしようと焦りました。
マイク片手に、私が流暢にスピーチできるはずがありません。
なので私は彼女に手紙を書くことにしました。
それなら見ながら読んでもおかしくないですから。

内容はそれなりに考えました。
たぶん時間にして2~3分の内容だったと思います。

式当日!

彼女の綺麗な姿を見ながらも、もうすぐ私の番…と思い、心臓も飛び出そうでした。

他にも彼女の友人数人招かれていましたが、
その中で私を選んでくれたことがとにかく嬉しかったです。

それはさておき、さあ、本番!

ついに名前を呼ばれ、マイクの前に!!!

私はかすかに震える手で封筒の中から手紙を取り出し読み始めました。

ちょっと長くなったので続きにします。






テーマ: 緘黙児
ジャンル: 育児

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご訪問ありがとう♪
元緘黙児が 緘黙児の頃の気持ちを綴ります。 なかなか理解してもらえない 緘黙児の気持ちを 少しでも理解していただけたら 嬉しいのです。



**

緘黙の輪
[ Back]
[ Next]
[ Random]
[ List]

緘黙児とは?

緘黙児とは、ある特定の場所で話す事が できない子供の事です。 会話能力があるのに学校などで しゃべらない。
場面緘黙症とか選択緘黙症とも言う。
原因は、内気や臆病などの性格的なものに、 唖然とするような恐怖や怯え、 劣等感などの衝撃が加わった時に 発症すると言われている。

プロフィール

野ウサギ。

Author:野ウサギ。
保育園・小・中学校と緘黙児でした。高校で克服するまでの思い出日記♪現在は主婦であり母でもあります。





mini掲示板
足跡だけでも嬉しいのです♪

最近の記事
場面緘黙症に役立つブログ
場面緘黙症について詳しい記載のあるオススメのブログです。

ほんとうは暖かい光が好き~ 
緘黙との闘い
(弥生桜さん)

場面緘黙症Journal(富重さん)
コメントありがとう☆
野ウサギ。のおすすめ♪


お友達
メールフォーム
野ウサギ。に直接メールを送る事が出来ます。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

週刊ブログランキングくつろぐ

クリックお願い♪

クリックお願い♪

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
クリックお願い♪

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。